2018年2月20日火曜日

【現在の株式評価額】20180220~仕込んだ銘柄のヒント公開~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,669,316円
・評価額合計:20,761,000円
・損益額合計:17,091,684円(損益率466%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:0円
・評価額合計:3,138,400円
・損益額合計:3,138,400円(損益率#DIV/0!)
・保有銘柄数:1銘柄

先月から仕込んでいた株を仕込み終わり、Yファンドの評価額が今年最高額となった。
自身は、仕込み終えた銘柄は数ヶ月以内に騰がると読んでいる。
だが、相場はいつ暴落するかわからない。
したがって暴落したときのため、無限ナンピン用の資金は温存してあるw

賢明なる投資家である数少ない読者の方々。
かねてからのお約束どおり、仕込んだ銘柄のヒントを公開する。
株式投資をしている人なら、少し調べれば誰でもわかるヒントだ。
当たり前だが、もしこの銘柄へ投資されるのであれば自己責任でお願いするw

---------------------------------------------------------------------

【特別編】銘柄を明かさない理由R~浪花の相場師、再び~

大阪のある地方銀行の応接室。
身なりのさえない男が、必死に友人の会社への融資を頼み込んでいた。
地方銀行の上司と担当は、冷めた目で男をみていた。
「お願いしますわ、今月中に金が用意できへんかったら会社が回りまへんねん」

この田舎者がと心の中で思いながら、上司がいった。
「ご友人の会社のために、そこまでされる方はなかなかいらっしゃいません。
しかし、あの会社の財務内容は、融資するに足る条件を満たしていません。
当行としては、これ以上の融資は致しかねます」

身なりのさえない男はいった。
「本当にどうにもなりまへんのか」
迷惑そうな雰囲気を露骨に出しながら、上司がいう。
「申し訳ないですが、いくらご友人の頼みであっても、お力にはなれませんね」

大手証券会社に勤務する男は、ランチを食べに通りへ出た。
今日は何にするかな、考えながら歩く男は、地方銀行から出てくる1人の男に気づいた。
あの身なりのさえない男見たことがある、たしか浪花の相場師こと淀屋だ。
相場師の淀屋が、地方銀行に何の用だ。

男が見ていると、淀屋と呼ばれる男は裏通りに入っていった。
裏通りには黒塗りの高級車が待機しており、運転手が後部座席のドアを開けた。
淀屋が乗り込むと、車は静かに大通りへ出て、やがて見えなくなった。
まさか、あの地方銀行が奴の次のターゲットなのか、男は嫌な予感がした。

身なりのさえない男、淀屋のターゲットはその地方銀行ではなかった。
淀屋のターゲットは別の地方銀行だった。
2018年4月、関西の地銀3行が新しい地銀に統合され、関西最大の地銀が生まれる。
統合される地銀の中で最も株価が値上りする地銀こそが、淀屋のターゲットだった。

統合される関西の地銀3行のうち、株式を上場している地銀は2行だった。
どっちや、どっちの地銀の株が値上りするんや、淀屋は慎重に検討していた。
この2行の株は、新しい地銀の株と株式交換される。
株式交換と同時に、2行は上場廃止、新しい地銀は東証へテクニカル上場する。

淀屋は上場している2行の財務内容、新しい地銀との株式交換比率を調べた。
まもなく結論が出た、大阪の地銀ではない他の地銀の株が買いだった。
念のため、大阪の地銀を訪れて接客態度を確認したが、結果は変わらなかった。
やはり、今、買うてる地銀が買いやな、淀屋は不敵な笑みを浮かべた。

2018年2月19日月曜日

【エッセイ】明日の予告を教えてやる

祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

祇園精舍の鐘の音には、諸行無常すなわちこの世のすべての現象は絶えず変化していくものだという響きがある。娑羅双樹の花の色は、どんなに勢いが盛んな者も必ず衰えるものであるという道理をあらわしている。世に栄え得意になっている者も、その栄えはずっとは続かず、春の夜の夢のようである。勢い盛んではげしい者も、結局は滅び去り、まるで風に吹き飛ばされる塵と同じようである(WIKIBOOKS 現代語訳より)

自身のご先祖様は、平家の落人である。
ご先祖様は人里離れた山奥で集落を作り、子孫を残して生涯を終えた。
昭和になって、自身の父親が都会へ出てきて、自身が生まれた。
自身の体内には、武士であったご先祖様の血が流れているのであるw

賢明なる投資家である数少ない読者の方々、お待たせした。
明日、先月から仕込んでいる株に最後の買いを入れる。
今回は長期ではなく中期での戦いだが、自身は勝利してやる所存だ。
なぜなら、自身のDNAにはご先祖様が敗れたときの合戦の記憶が残っているからだw

2018年2月18日日曜日

【これから株を始める君へ】投資と投機の違いについて

自身は2005年から株式投資を始め、連戦連勝の無敗である。
なぜ、自身が株式投資では連戦連勝の無敗なのか。
答えは、投資と投機の違いについて理解しているからだ。
つまり、株式投資において投資と投機の違いを理解することは重要なのであるw

株の基本は「安く買って、高く売る」だ。
当たり前だが、高く買って、安く売っていては、資産は殖えない。
株式投資で取るべき行動は「安く買って、高く売る」だけなのである。
だが、上記の行動は考え方により、投資にもなり、投機にもなるw

投資とは長期的に資産を増加させるために、現在の資産を投じる活動である。
かたや、投機とは短期的な価格変動から、利益を得ようとする行為である。
えっ、何が違うか、わからないって。
よく見てごらん、投資は長期的、投機は短期的と書いてあるだろうw

「Plan your trades. Trade your plan」という相場格言がある。
トレードをプランし、そのプランでトレードしろという意味だ。
長期的に資産を増加させるトレードと、短期的に利益を得るトレードは異なる。
連戦連勝の無敗になるには、長期的に資産を増加させるトレードをプランすることだよw