2016年4月30日土曜日

わかりやすい相場

ゴールデンウィーク前、相場は乱高下した。
日銀の経済政策決定会合に期待を寄せ、前場は上げ、失望から後場は下げ。
期待で株を買うなんて、株をギャンブルとして見ているとしか思えない。
外国人投資家や機関投資家による売買が大半だろうが、実にわかりやすいw

株価はその日の取引値であって、本来の企業価値を表すものではない。
いくら株価が乱高下しようが、本来の株価(BPS)や配当は変わらない。
日々の情報に翻弄され、売買を繰り返す短期筋はご苦労なことである。
売買が短期なので、性格も短気なのかもしれないw

自身は今、余剰資金を貯え中である
余剰資金を貯えることができたら、株式投資で運用する。
それまで、相場には上昇しないで欲しいと思っている。
短期筋がどれだけ相場を上昇しないようにしてくれるか、実に楽しみであるw

娘がテレビに出ていた話

先日、娘から「テレビ出たwww」といって、LINEが来た。
全国ネットのワイドショーで、娘の姿が放映されたらしい。
帰宅して聞くと、以前、ワイドショーの街頭インタビューを受けたときの映像らしい。
動画サイトで確認してみたw

若い女性の間で流行っているものについて、紹介しているコーナーだった。
娘が確かに映っており、お気に入りだとコメントまでしていた。
娘はテレビ映りが気に入らないらしく、文句をいっている。
だが、自身には、どこからどう見ても、見慣れた娘であるw

しかし、娘がこのような流行が、お気に入りだとは知らなかった。
どこがお気に入りなのか聞いてみると、娘いわく、よく知らないので適当に答えたとのこと。
全国の視聴者の方、このたびは申し訳ございませんでした。
適当に答えた娘に代わって、お詫び申し上げますw

2016年4月29日金曜日

被災地の支援開始

我が家は被災地への義援金は送金しない。
なぜなら、自身が被災者であれば、自身の小額の義援金を貰っても嬉しくないからである。
よって、東日本大震災のときと同じく、被災地のために金を使うことにした。
具体的には、熊本の特産品に金を使うw

2014年全国酒類コンクール 芋焼酎部門1位の「紅福」を入手した。
高級さつま芋である「紅はるか」を原料とした芋焼酎らしい。
720mlで税別1,100円と、お手ごろ価格でもある。
まだ封を開けていないが、今から飲むのが楽しみであるw

熊本には多くの焼酎がある。
自身は今まで熊本以外の焼酎を飲んでいた。
これからは熊本産の焼酎を飲むために、惜しみなく金を使うつもりだ。
自身の株式投資のスタンスは長期だ、もちろん被災地支援も長期で行う予定であるw

地震に強い家を作る方法

熊本県で損壊した住宅が30,000棟を超えたらしい。
ようやく手に入れたマイホーム。
ところが損壊したため、怖くて住めない状態になっているらしい。
損壊した住宅を建てた住宅会社は、責任を感じているのだろうかと思う。

地震に強い家をウリにしている住宅会社は多い。
ところが住宅の保証書には、地震による損害は免責としている。
全ての地震を保証しろとまではいわない。
なぜ、この震度で損壊したら保証します、としないのだろうかと思う。

建築基準法という法律があり、法律の目的は以下である。
建築物の最低の基準を定め、国民の生命、健康及び財産の保護を図ること。
建築基準法を遵守すれば、住宅を建てることはできる。
建築基準法は最低の基準であって、建築基準法を守れば地震に強いわけではない。

耐震性能を表す指標に耐震等級があり、等級3が最も耐震性能が高いとされている。
耐震等級が建物のバランスだけを表す等級だといういうことは、意外と知られていない。
確かに、耐震等級1よりは、耐震等級3の方が建物のバランスがよい。
だが、耐震等級3であっても、必要条件を満たす柱や梁が使われているとは限らない。

木造2階建て住宅では、柱の太さや梁の大きさは、簡易的に決められている。
本来は家の重さや地震の力などを計算し、それらに耐える柱や梁にしなくてはならない。
自身は実家を建て替えるときに、構造計算を行ったことがあるが、かなりの労力を要する。
だが、そこまでしないと、本当に地震に強い家を作ることはできないのである。

2016年4月28日木曜日

株式投資の常識にとらわれない

自身が株式投資を始めた頃、利益が出たら売り、新たな株を買っていた。
短期売買を繰り返し、利益を積み重ねていくことが、株式投資だと思っていた
自身が間違いだと思う常識について書いてみる。
もちろん、自身の経験に基づく個人的見解であるw

1.投資先は分散させましょう。
当たり前だが、相場が軟調なときは、全ての金融商品が軟調となる。
どこへ投資しようが、評価額は目減りするのである。
投資先を分散することは、リスクの数を増やすことに他ならないw

2.毎月、一定額を積み立てましょう。
毎月、一定額を積み立てることにより、リターンは市場平均に近づく。
つまり、市場平均を上回るリターンは残せないのである。
投資時期を分散させなければ、市場平均を上回るリターンは残せないのであるw

3.投資先の決算報告書を読めるようになりましょう。
決算報告書は過去の成績表である。
過去の成績表を見ても、投資を継続するかの判断材料にはならない。
重要なのは、長期的な株価の推移を予測する力であるw

4.これから業績が伸びそうな会社の株を買いましょう。
業績が伸びそうな会社だと思った時点で、すでに出遅れている。
買うのであれば、直近では業績が伸びそうにない大企業だ。
業績は伸びそうにないが、倒産する可能性の限りなく低い大企業であるw

5.お得な優待のある株を買いましょう。
自身の株式投資の年平均リターンは、10%を軽く超えている。
だが自身が知る限り、優待が株価の10%を超える株はない。
自身の投資先の選択においては、優待の有無は排除しているw

2016年4月27日水曜日

残業は百害あって一利なし

自身は会社員だが、基本は定時退社である。
今の時期は明るい時間帯に会社を出て、家路に着く。
ちなみに今年になってから、残業時間はゼロである。
帰宅してからは、家事をしながら、ブログの更新などしているw

若い頃は、定時に帰宅したことはなかった。
忙しかった、いやスキルが低かったため、残業に休日出勤は当たり前だった。
年に何日かは、会社に泊り込んだこともあった。
会社員とはそういうものだと思っていたw

結局、何が残ったかというと何も残っていない。
長時間働くと、働くための出費、必要経費が必要になる。
当たり前だが、外食をするより、自宅で家族と食事をする方が断然、安くつく。
休日出勤するよりも家族と過ごした方が、結果的には安くつくw

会社に雇われている限り、雇われ社長になったとしても上限は決まっている。
手当があろうがなかろうが、割安で仕事をさせる仕組みが時間外労働である。
もし、君が会社中心の生活を送っているならば、定時退社をオススメする。
なぜなら、自身と同じ過ちを犯して欲しくないからであるw

誘惑に負けた日

会社帰りにスーパーへ寄った。
バリィさんのカップめんがあったコーナーを通った。
どうせ、売れていないだろうと思った。
ところが、バリィさんのカップめんが見当たらないw

昨日、あんなにたくさんあったのに売り切れたのか。
よく見ると、隅の方に数個だけ残っていた。
ご近所にバリィさんファンがいるのだろうか。
もしくは自身のブログ読者は、ご近所に集中しているのだろうかw

家に帰って、バリィさんのカップめんを2個も買っていたことに気づいた。
今、バリィさんのカップめんは横で寝ている。
女性を家に連れ込んだような気分である。
もちろん、まだ手を出していないので、浮気ではないw

明日の朝、芸能レポーターが自宅の前に待ち構えていても大丈夫だ。
なぜなら、ただの友達ですよ、と断言できるレベルだからであるw

2016年4月26日火曜日

浮気を思いとどまった日

会社帰りにスーパーへ寄った。
ふと、視線を感じたような気がして振り向いた。
振り向くと見慣れないカップめんがあった。
何だろうと近づいてみたw

バリィさんのカップめんで、「バリィさんの今治ラーメンやけん」だった。
わがままボディのバリィさんは、無表情に自身を見ている。
パッケージに写真がないため、どんな味か想像がつかない。
しばし、立ち止まり、どんな味がするのだろうかと思ったw

買うか、そう思ったとき、陳列棚の隙間から視線を感じた気がした。
陳列棚の隙間に、愛しの君が挟まっているのが見えたような気がした。
浮気してはいけない、そう思い、その場を離れた。
帰ってネットで、「バリィさんの今治ラーメンやけん」について調べたw

鰹だしの旨みにレモンの酸味が利いたさっぱりとした塩ラーメン、とあった。
ラーメンにレモンの酸味・・・想像できない。
確かにバリィさんはレモンカラーだが、ラーメンにレモンを使うとは・・・。
少しだけ、浮気をする人の気持ちがわかったような気がしたw

2016年4月25日月曜日

銘柄を明かさない理由R61 静かなる戦い

第61話 静かなる戦い

相場には、「仕手」と呼ばれる人々がいる。
短期的に大きな利益を得るため、大量の資金で投機的売買を行う者をいう。
「仕手」の手口は、証券取引等監視委員会の取り締まり対象となっている。
だが、ネット売買が主流の現在では「仕手」と気づかない売買も多い。

その株の出来高は、徐々に増えつつあった。
その株の不自然な動きに最初に気づいたのは、業界でも数人だった。
何だ、この急増している出来高は、今までの10倍、いや20倍近い出来高だ。
誰が何の目的で、これだけの売り買いをしているんだ。

ある証券会社の資産運用を担当する部署、通称アルカディアはバトルモードに入っていた。
「オートログイン完了、シンプルプラン発動」、インカムから電子音声が聴こえた。
架空の個人投資家の取引口座へのログインが完了した。
「不正ログイン感知」、無敗のクイーンは銘柄コードを入力、ENTERキーを叩いた。

取引画面には、自動的にいくつかの買い注文と売り注文が浮かび上がる。
ほどなく、いくつかの買い注文と売り注文が現れた。
現れた買い注文と売り注文の内容から、自動的にシステムが指値と数量を変更する。
現れた買い注文と売り注文は、指値を変更した。

まだ気づいていないとは愚かだな、無敗のクイーンは思った。
無敗のクイーンが、情報システムの男に頼んだシステムには最優先の条件があった。
最優先の条件とは、決して約定させないことだった。
買いたくても買わせない、売りたくても売らせないというシステムだった。

システムには、過去の株価の値動きを元にしたアルゴリズムが組み込んであった。
買い注文と売り注文の状況から、瞬時に約定できない注文に自動で変更する。
買わせず売らせないことで、株価操縦に予定以上の資金を使わせる。
無敗のクイーンは、不敵な笑みを浮かべながら思った。

過去の仕手戦では、買い方と売り方に別れて争ったと聞く。
いずれの敗因も資金不足であることは、歴史が証明している。
ならば、資金を使わせて、相手を消耗させることこそが勝利への道だ。
貴様たちの相手をするのは、私1人で十分だ、約定させたければしてみるがいい。

小柄な小動物を連想させる女性社員が、インカムの通話スイッチを入れた。
「皆さん、ようやく春ですね。
やっかいな人たちのお相手は、私たちのリーダーが引き受けてくれています。
リーダーに感謝して、私たちは相場の春を楽しみましょうね」

2016年4月24日日曜日

最近の読書など

ジョーカー・ゲームの「ラスト・ワルツ」文庫版が出た。
ジョーカー・ゲームは、帝国陸軍内の諜報機関”D機関”の活躍を描いている。
実写映画化され、現在、テレビアニメも放映中のスパイミステリーである。
本来は上のようなカバーイラストなのだが、現在は期間限定で下の帯がついているw

今回は4つの中短編があったが、いずれも面白かった。
ジョーカー・ゲームの第一弾が発刊されたのは、2008年である。
当時、ここまで人気が出るとは思わなかった。
当初よりのファンとしては嬉しい限りであるw


お次はコミックの「アイアムアヒーロー」20巻。
ゾンビもので、昨日より実写映画が全国公開されている。
映画では原作の8巻までの話が描かれているらしい。
原作では、主要登場人物たちが集まりつつあるw

「アイアムアヒーロー」は先が読めない。
知りうるのは作者のみで、毎回、刊行を楽しみにしている。
最初に発刊されたのは2009年、自身は2012年から読み始めた。
「アイアムアヒーロー」も、実写映画化されるとは思いもしなかったw

相場師の社会的役割

相場師とは、株式投資で利益を得るものである。
2013年の所得税から、復興特別所得税が創設された。
2013年からの25年間、税額に2.1%を上乗せするのである。
税の使途は、東日本大震災の被災地に限定されているw

自身には、会社の給与所得以外に、株式投資の収入がある。
株を売買したときの譲渡益、株を保有していれば得られる配当である。
当然ながら、それぞれの所得には、復興特別所得税が課される。
自身は毎年、株式投資による復興特別所得税を納めていることになるw

自身は株式投資で、連戦連勝の無敗である。
1回の取引額がNISAの枠に収まらないため、NISA口座は開設していない。
相場師の社会的役割とは、株式投資で利益を得て、税金を納めることである。
これからも外国人投資家たちから利益を得て、税金を納めさせていただくつもりだw

2016年4月23日土曜日

子ども食堂にて

おう、坊主、よく来たな。
相場師の子ども食堂に、食べに来てくれて嬉しいぞ。
メインのおかずが出来上がるまで、そこにあるジャーマンポテトでも食ってな。
あっ、全部、食いやがった、誰が1人で食えっていった、シェアしろ、シェアw
なに、お腹が空いただ。
仕方ねえ、そこにある、かに玉でも食ってな。
もうすぐ、メインのおかずが出来るからな。
あっ、また全部、食いやがった、誰が1人で食えっていった、シェアしろ、シェアw
お待たせ、メインのおかず、鳥の照り焼きが出来たぞ。
なに、お腹いっぱいで、もう食えない。
お金はいくらですか、だと。
親にいっとけ、メインのおかずを食べない奴から、お金は取らないとなw

いつか通った道

自身の株式投資は、11年目になる。
一昨年、元本を引き上げ、今まで得た利益で株式投資を行っている。
元本を引き上げる前、1日で評価額が200万円以上、増えたこともあった。
もちろん減るときも大きく、1日で100万円以上、減ったこともあったw

今年の2月、今まで得た配当に相当する額を、株式に再投資した。
現在、1000万円以上の資産を株式投資で運用している。
株価は日々、騰がったり下がったりする。
現在、保有株の評価額は、数十万円単位で増えたり減ったりしているw

今、自身が保有している5銘柄は、全てPBR1倍未満の割安株である。
5銘柄のPBRが1倍に近づいたとき、保有株の評価額は2000万円を軽く超える。
そのとき、評価額は百万円単位で、増えたり減ったりするようになる。
自身には、いつか通った道を、再び歩いている光景が見えているのであるw

2016年4月22日金曜日

保有株が哀れに思えるとき

自身は、8306 三菱UFJフィナンシャル・グループを10,000株保有している。
娘名義では1,300株保有しており、我が家が保有する8306は計11,300株になる。
現在の8306の本来の株価(BPS)は1086.79円である。
我が家は8306だけで、時価1200万円を超える株式を保有していることになるw

取得に要した費用は、ほぼ半値の600万円ほどである。
自身は、買値の半値になれば更に買い増す、騰がれば放置する。
今、8306は、限られたレンジで右往左往している。
半値で売り買いする外国人投資家は、ご苦労なことであるw

8306は騰がっても下がっても、我が家から逃げることはできない。
騰がれば含み益が増え、下がれば更に割安で買い増しされる。
限られたレンジで右往左往している8306が、哀れに思えてくる。
自身に目をつけられた時点で、8306の哀れな運命は決まったのかもしれないw

2016年4月21日木曜日

ベテラン投資家の売買に学ぶ

自身は「にほんブログ村」に参加している。
最初の頃、「株 中長期投資」カテゴリーに参加していた。
今は「株 中長期投資」カテゴリーを離れている。
だが、「株 中長期投資」のいくつかのブログは今も訪問させて頂いている。

「株 中長期投資」は、その名前の通り、中長期の投資をされている方が多い。
自身は株式投資11年目のひよっこだが、株式投資は経験が重要だと思っている。
経験を積めば積むほど、今の相場を冷静に分析できるようになる。
いわゆる、相場が見える状態になるのである。

自身がよく訪れる「アベノミクスの上昇相場の大天井は、いつか?」というブログがある。
管理人の株銀さんは、株式投資歴30年のベテラン投資家である。
先日の4月12日、株銀さんは8411 みずほフィナンシャルグループを7,500株買われた。
4月12日は直近の8411の底値である、見事としかいいようがない。

株銀さんへ
自身は8411が買値を割っていないので、今回は買い増ししませんでした。
もちろん、この先、買値を下回ることがあれば、買い増ししたいと考えています。
いつも、本ブログを好意的にご紹介いただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

2016年4月20日水曜日

愛しき君へ

初めて君を見たとき、独特のボディラインに心を奪われた。
君のボディ、横幅は普通だが、奥行きは驚くほど薄い。
子どもが隙間に挟まれたという海外のニュースを聞くと、君を思う。
君も隙間に挟まれて、身動きが取れなくなっているのではないかと。

君と出会ってから、わがままボディのバリィさんが現れた。
メリハリのないボディのバリィさんを見て、君の魅力を再認識した。
イベントで君が横に素早く動く姿を見て、ようやく気づいた。
奥行きが薄いのは、横に動く際の空気抵抗を減らすためなんだと。

今、君の故郷が大変なことになっている。
全国には自身も含めて、多くの君のファンがいる。
自身は、君以外のゆるキャラに浮気したことは一度もない。
君と君の故郷のために、出来る限りの支援をしたいと考えている。


2016年4月19日火曜日

銘柄を明かさない理由R60 戦友からの依頼

第60話 戦友からの依頼

ある証券会社の取締役を兼ねる営業責任者の男は、ある法人の応接コーナーにいた。
先ほどの受付の対応、洒落た応接コーナー、さすが、世界有数の法人だ。
我が社なんて足元にも及ばないな、男は思った。
やがて、ラフな格好をしたノンフレームメガネの男が現れた。

「お待たせ、久しぶりだな、立たなくていい」
立ち上がろうとする男を手で制し、ラフな男はイスに腰掛けた。
「すまない、急に押しかけてしまって」、男はいった。
「気を使わなくていい、同じ釜の飯を食った戦友だ」、ラフな男はいった。

取締役を兼ねる営業責任者の男とラフな男は、高校時代の同級生だった。
同じサッカー部に所属し、男はキーパー、ラフな男はフォワードだった。
「早速だが本題に入る、ある男たちの身辺調査を請け負ってもらえないか」、男はいった。
「身辺調査とは穏やかじゃない話だな、詳しい話を聞こうか」、ラフな男はいった。

男は、自分が取締役である会社が何者かから不正アクセスを受けていること。
どうやら業界関係者が関与しているらしいことを話した。
話を聞いたラフな男は、しばらく考えたあとにいった。
「単に不正アクセスを受けているだけで、被害はないのだろう」

「ああ、今は被害は出ていない」、男は答えた。
「なら難しいな、ウチは保険法人だ。
被害がなければ動くことはできない、それは会社の指示なのか」、ラフな男はいった。
「いや、個人的な依頼だ、調査費用は俺が自腹で払うつもりだ」、男はいった。

「おいおい、仮に請け負ったとして、調査費用にいくらかかるかわかっているのか。
そこいらの探偵事務所とは比べ物にならない金額だぞ」、ラフな男はいった。
「ああ、覚悟の上だ」、男はいった。
話を聞いたラフな男は、しばらく男を見た後にいった。

「いい目をしているな、現役時代と同じ目だ。
直接は力にはなれないが、その手の調査に秀でた男がいる委託先を紹介しよう。
その男は委託先の調査員だが、趣味は株式投資らしいから適任だろう。
後で、委託先の連絡先をメールで送るよ」、ラフな男はいった。

「ありがとう、恩に着るよ」、男はいった。
「ところで関与しているかもしれない業界関係者は外資系か」、ラフな男はいった。
「ああ、そうだが、何か」、男はいった。
「もし事実なら、ウチにとっても見過ごせないな、情報に感謝する」、ラフな男はいった。

2016年4月18日月曜日

ブログで心がけていること

本ブログは資産運用や日々の生活を記録している。
私的なブログにも関わらず、訪れてくれる人たちがいる。
拍手をいただくこともあり、ありがたいことである。
自身がブログで心がけていることについて書いてみるw

1.ウソは書かない。
「銘柄を明かさない理由」などの読み物以外は、本当にあったことを書いている。
もちろん、全てのことを書いているわけではないが、真実だけを書くようにしている。
根拠となるデータなどは確認しているつもりだが、違っていたらご容赦願いたいw

2.特定のブログを批評批判しない。
たまに特定のブログを批評批判しているブログがある。
読んでいて気分がよくないので、そういうブログは二度と読まないようにしている。
自身のブログを批評批判しているらしきブログもあったが、そういうブログは相手にしないw

3.書きたいときに書きたいことを書く。
ブログは書きたいときに書きたいことを書けばいいと考えている。
自身にとって、読者の数が増えようが減ろうが、書きたいことを書く。
なぜなら、自身の自身による自身のためのブログだからであるw

2016年4月17日日曜日

我が家の被災地支援

我が家は被災地への義援金は送金しない。
なぜなら、自身が被災者であれば、自身の小額の義援金を貰っても嬉しくないからである。
よって、東日本大震災のときと同じく、被災地のために金を使うことにする。
近ければ、観光に行くのだが、いかんせん遠いため、なかなか行けない。

馬刺し、熊本ラーメン、米焼酎など、熊本には美味い特産品がたくさんある。
自身が馬刺しを初めて食したのは、熊本出張のときだった。
ひさびさに米焼酎を飲みながら、馬刺しを食べたくなった。
物流網が回復したら、熊本の特産品を取り寄せることにする。

昨日、熊本のアンテナショップのホームページを見てみようと思った。
同じことを考えた人が多かったようで、アクセスが多すぎ、閲覧できなかった。
下は以前、娘が使っていたスマホのカバーで、自身の熊本出張土産である。
帰省した際の親戚の子どもたちへの土産は、くまモングッズにする予定である。

好きこそ物の上手なれ

「好きこそ物の上手なれ」という故事がある。
人は好きなことに対しては熱心になるため、上達も早いということである。
勉強、仕事、趣味など、人は好きなことには、時間が経つのも忘れて取り組む。
経験を積むほど上達するのは、多くの事例が証明しているw

もし君が資産運用をしているのなら、その運用が好きか嫌いか考えてみることだ。
君が運用が辛いと思うのなら、その運用は止めたほうがいい。
君が運用は正しいのだろうかと迷っているのなら、その運用は止めたほうがいい。
運用において最も大事なのは、楽しいと思う気持ちなのであるw

自身は株式投資による資産運用が楽しくて仕方がない。
株を買うときは、どこまで増えるのか楽しみで、テンションが高くなる。
株を売るときは、利益が確定してしまうことから、テンションが下がる。
自身は余剰資金を株で保有しているときが、最も平穏で楽しいのであるw

2016年4月16日土曜日

誰も教えてくれない住宅の話

阪神・淡路大震災では、多くの木造住宅が倒壊、多くの人命が失われた。
自身が、未だに鮮明に覚えている光景がある。
高級住宅街にある全ての木造住宅が倒壊している中、プレハブ住宅だけが残っていた。
住宅展示場で木造のモデルハウスは損傷したが、木造以外のモデルハウスは無事だった。

木造以外の住宅が地震に強いのには理由がある。
住宅を建てるには、構造計算を行わなくてはならない。
ところが2階建ての木造住宅では、手続きの簡略化のため、構造計算を省略できるのである。
もちろん、構造計算を省略できるというだけで、地震に対して安全だということではない。

ところが多くの住宅会社は、2階建ての木造住宅では構造計算を行わない。
構造計算を行うには、経費が発生するからである。
自身はこのことを知ってから、木造住宅は建てないし、買わないと決めた。
木造住宅に住んでいる方は、第三者による構造計算をしておかれることをオススメする。

思い出の街が・・・

熊本で大地震。
熊本は仕事で何度も訪れた思い出ある街。
テレビで見覚えのある街の惨状を見ると、心が痛む。
今は一刻も早く事態が収束することを願うことしかできない。

2016年4月15日金曜日

子どもファンド運用方針発表

いよいよ、子どもファンドの2016年度運用方針が発表されます。
会場には多くの個人投資家や報道陣が詰めかけ、発表のときを待ち構えています。
今、客席の個人投資家たちから、大きな歓声が上がりました。
子どもファンドの運用を担当する無敗のファンドマネージャーY氏の登場です。

お聞きください、この歓声、すごい歓声です。
今、派手なスーツに身を包んだY氏が、手で静かにするよう合図しました。
歓声が鳴り止んだ中、Y氏がスクリーンを指差しました。
一体、何がスクリーンに映し出されるのでしょうか。

今、スクリーンに何か映し出されました。
「8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ買い増し」
何ということでしょう、今年度も子どもファンドは8306への集中投資だ。
子どもファンド2016年度運用方針は、三菱UFJフィナンシャル・グループ買い増しですw

2016年4月14日木曜日

これからの相場の話をしようか

株価とは、その日の取引終値である。
買いたい人、売りたい人の株価がマッチングした価格が株価である。
株価は、ときおり本来の株価(BPS)から大きく乖離することがある。
例えば、BPSは1,000円以上なのに、500円以下の株価になることがあるw

なぜ、このような事態が起きるのか。
答えは簡単で、安値で手放さざるを得ない人たちがいるからである。
証券会社から借金して株を売り買いする、信用取引をする人たちがいる。
信用取引では、6ヶ月以内に精算しなくてはならないw

君の保有している株が、割安なのに株価が下がっている。
そのようなときは、半年前の株価を確認することをオススメする。
上昇しているのなら、信用取引で買った人が多いということである。
信用取引で買った人たちが、強制的に精算させられて株価が下がっているのであるw

6ヶ月前、昨年の夏から始まった下落相場で窓埋めの反発が起こった。
このとき信用取引で買い向かった人たちが、今、強制的に精算されているのである。
昨年の夏から始まった下落相場の底は2月12日だ。
自身は相場が総悲観だった2月12日の6ヵ月後、相場は本格的な上昇に転じるとみているw

2016年4月13日水曜日

銘柄を明かさない理由R59 反撃の狼煙

第59話 反撃の狼煙

やはりな、情報システムの男は思った。
個人投資家が利用するログイン画面への不正アクセスがあった。
しかも日によって、経由するサーバーを変えるという手口だった。
だが、いくら経由するサーバーを変えても、痕跡を消し去ることは不可能だ。

元ハッカーの情報システムの男は、発信元を探り当てた。
いずれも都内にあるネットカフェからのアクセスだった。
おそらく、身分証明の必要のないネット利用なしで入店している。
入店後に店内を移動、ネット利用可能席へ移動してアクセスしているに違いない。

男は何回かネットカフェを利用したことがあった。
その際に思ったのは、杜撰な管理体制だった。
店員が、客の利用状況をチェックするため、巡回しているネットカフェはなかった。
店員は、精算時に利用時間がオーバーしていないか確認するだけだ。

男は思った、おそらく入店時に奴は変装している。
店内のカメラ位置から、なるべくカメラに映らない位置で動いていたはずだ。
そうなると奴を特定するのは、事実上、不可能かもしれない。
どうすれば奴を白日の下に晒すことができる、男は考え始めた。

同じ頃、違うフロアの一室でも反撃が始まろうとしていた。
部屋のドアをノックする音がした。
「入れ」、取締役を兼ねる営業責任者の男はいった。
「社長と個人的な繋がりがある業界関係者がわかりました」、若い男性社員がいった。

「社長と個人的な繋がりがある業界関係者は3名です。
全て社長が、かって在籍していた、破綻した大手証券会社の元社員です。
彼らは今も業界では多大な影響力を持っています」
若い男性社員は、取締役を兼ねる営業責任者の男にリストを差し出した。

「ご苦労だった、あとは任せてもらおう」、取締役を兼ねる営業責任者の男はいった。
「何かお手伝いできることがあれば、何なりと仰ってください」、若い男性社員がいう。
「いつか、そのときがくれば、君に頼るよ」、取締役を兼ねる営業責任者の男はいった。
「わかりました、ご指示をお待ちしています」、若い男性社員は退室した。

ターゲットは3名か、思ったより早く絞り込めたな。
社長に個人的な恨み、あるいは妬みがありそうな奴に絞って正解だったかもしれない。
あとはどうやって追い詰めるかだが。
ふと一人の男の顔が浮かんだ、営業責任者の男は、その男の名刺を取り出した。

2016年4月12日火曜日

相場の世界へようこそ14

登場人物紹介
・福澤先輩、是川先輩:米国と中国に滞在、両国株の売りを推奨しているという噂w
・本多先輩:相場の世界で、初心者への講義を行っている講師
・野村先輩:相場の世界の、資料室管理人
・Y:相場師見習いであり、相場の世界の案内係でもある当ブログの管理人w

昨年夏からの下落相場のせいか、受講者がめっきり減ったな。
下落相場が始まる前は、土日も盛況だったのに、今や1人も来ない日もある。
大体、福澤先輩と是川先輩が売りを推奨しすぎたのがいけないんだろうな。
おや、本多先輩が何か読みながら泣いている、何を読んでいるんだろう。
--------------------------------------------------------

本多先生、Yさんへ

その節は講義いただき、ありがとうございました。
先日の下落相場で一時は大幅な含み損になりました。
お2人の講義を受けていなかったら、含み損に耐えられず売っていたと思います。
でも、お2人の教えを守り保有し続けた結果、一銘柄だけですが含み益になりました♪

今後もお2人の教えを守って、中長期の株式投資を続けていきます。
今度、お会いするときまで、絶対に負けないよう頑張りますね。
本当にその節はありがとうございました。
お2人とも、くれぐれもお体にはお気をつけください。

出来のよくなかった受講生より(v^-^v)

--------------------------------------------------------
受講生からのお礼の手紙を読んで泣いていたんですか。
本多先輩も歳ですね、すっかり涙もろくなって。
えっ、私も泣いているって。
イヤだなあ、汗ですよ、汗、今日は空調の調子がよくないですね、暑いったらありゃしない。

2016年4月11日月曜日

最強の負け組の話

自身の父方の祖父は、山奥で炭を作って、生計を立てていたらしい。
幼い頃、父親に連れられ、祖父母の元を何度か訪れたが、とんでもない山奥である。
電気は来ていたが、水道は引かれていなかった。
沢を流れる水を生活用水として使っており、風呂は薪で沸かしていたw

父親は山道を何キロも歩いて、ふもとの村の学校に通っていたらしい。
家が貧しかったため、高校進学を断念、中卒で働き始めた。
なぜ、祖父母がこのような不便なところに住んでいたのか、父親に聞いたことがある。
信じてもらえないかもしれないが、ご先祖様が平家の落人だったのであるw

今から800年以上前の源平合戦で、ご先祖様は平家方の武将だったらしい。
源氏に敗れて、追っ手から逃れるため、人里離れた山奥に隠れ住んだ。
自身の父親が都会へ出るまで、子孫の多くは山奥で生涯を終えていたらしい。
世の中には様々な負け組があるが、最強の負け組は家系の負け組だと思っているw

父親は都会へ出て会社を興し、人並みの生活を手に入れた。
今、自身は裕福ではないが、人並みの生活を送れている。
自身は株式投資では連戦連勝の無敗で、いわゆる勝ち組である。
たまに思う、ご先祖様が守護霊として応援してくれているから無敗なのではとw

2016年4月10日日曜日

人の行く裏に道あり花の山

相場格言に「人の行く裏に道あり花の山」という格言がある。
他人と同じことをやっていたのでは、大きく成功しない。
他人とは反対のことをやったほうが、大きく成功しやすいという意味である。
ところが、この相場格言を実行できている投資家は少ないと思っているw

この相場格言は、安いときに買い、高いときに売ることだと思われている。
自身は、この相場格言は株式投資全般における戒めだと思っている。
例えば、「卵は一つのカゴに盛るな」という分散投資を推奨する格言がある。
複数のカゴに分ければ、一つのカゴを落としても残りのカゴの卵は大丈夫という意味であるw

当たり前だが、リスクが少なくなれば、リターンも小さくなる。
卵をカゴに入れて持ち運ばず、冷蔵庫に入れておけば、卵が割れることはない。
つまり、集中投資した場合、短期で売り買いせず、長期保有すればよいのである。
「卵は一つのカゴに盛る」ことが、「人の行く裏に道あり花の山」なのであるw

銘柄を明かさない理由R58 無敗の男と無敗の女

第58話 無敗の男と無敗の女

男は自宅近くの河川敷で、1人で花見をしていた。
桜は美しい、この美しさはいつも変わらない。
リーマンショックや東日本大震災の年も、桜は美しかった。
含み損だらけのポートフォリオだったが桜を見て癒された、男は思った。

男は今年に入って、久々に株を仕込んでいた。
相場は総悲観の状況が続いている、しばらくは休むも相場だ。
暖かな天気と酔いのためか、男は眠くなった。
河川敷の斜面に横たわった男は、一眠りすべく目を閉じようとした。

男の耳に、軽快な足音が聞こえてきた。
見ると、足音の主はトレーニングウェアに身を包んだ1人の女性だった。
髪を後ろで束ねた女性は、走っては立ち止まり、身体をすばやく動かしている。
あの動きはシャドーボクシングとかいう動きだな、男は思った。

男にはボクシングの経験はなかったが、女性の敏捷な動きには目を引かれた。
端正な顔立ちの女性のシャドーボクシングは、さながら映画を観ているようだった。
やがて、男の目の前で立ち止まった女性が、シャドーボクシングを始めた。
起き上がった男は見るともなしに、女性のシャドーボクシングを観ていた。

突然、女性が動きを止めて、男にいった。
「何を見ている、それ以上、見るのなら金を取るぞ」
「いくらだ」、男がたずねた。
「1万円といいたいところだが、5千円に負けておいてやる」、女性がいった。

「安いな」、男は財布から紙幣を取り出そうとした。
「貴様はバカか、貴様の金など欲しくはない」、女性はいった。
「見るのなら5千円だといったのは、君じゃないか」、男は答えた。
「冗談も通じないのか、酔った奴の相手をしていてもしかたない」、女性はいった。

「酔っているのは君だろう、ストイックな自分の姿に酔っている」、男はいった。
「ストイックな自分に酔って何が悪い」、女性はいった。
「誰も悪いとはいっていない、運動でも酒でも酔うことは悪いことじゃない」、男はいった。
「面白いことをいう奴だな、聞いてやるが、酔って何を考えていた」、女性がたずねた。

「相場、わかりやすくいうと株のことだよ」、男はいった。
「偶然だな、私も同じことを考えていた」、女性はシャドーボクシングを再開した。
走り去っていく女性を見ながら、男は再び河川敷の斜面に身を横たえた。
運動中も相場のことを考えるとは、変わった奴もいるもんだ、男は目を閉じた。

理解不能な投資信託の話

自身は投資信託を購入したことは一度もない。
なぜなら、大切な資産運用を人任せにできないからである。
先日、ある投資信託の運用報告書を読んで、目が点になった。
「マイナス金利の影響を受ける銀行株は購入しませんでした」とあったw

何をいっているのか、理解不能である。
株式投資の基本は、安く買って高く売ることである。
安くなりそうだから買わないという考えは、理解不能である。
プロであるなら、「安くなった頃合を見計らって購入します」であるw

この投資信託は「投資哲学」なるものを掲げ、「守りながらふやす」としている。
「投資哲学」の中に次のような一文がある。
「企業の価値と現在の市場価値との差(割安であること)やその企業の価値が
時間と共に増加することに着目して、長期的な選別投資をします」w

いっていることは、長期投資の基本であり、全くもって正論である。
ところが実際に運用している銘柄は、PBR1倍以上の割高株ばかりである。
今年に入ってから、この投資信託にはリターンがマイナスの月があったらしい。
真の長期投資では単月でリターン0はあっても、マイナスになることはあり得ないのであるw

2016年4月9日土曜日

10年間の年平均リターン検証

モーニングスターの投資ファンドリターンランキングを見た。
10年間で最も成績がよい投資ファンドは、フィディリティ・チャイナ・フォーカス。
フィディリティ・チャイナ・フォーカスの年平均リターンは10%に満たない。
自身の10年間の年平均リターンを検証してみたw

自身は2005年8月に取引口座を開設、翌9月から貯蓄と株式投資を開始した。
下図は毎年9月時点での株式評価額と投資額(元本)の推移である。
9年目に元本を引き上げたので、株式評価額は大きく減っている。
自身はマメに記録を取っていなかったため、7年目以前の額は推定であるw

10年目の9月時点の株式評価額は、約1600万円ほどだった。
300万円が10年で約1600万円になるために、必要な年平均リターンを逆算した。
下図の青が10年で、約1600万円になる複利計算のグラフである。
年平均リターンは18.3%で、フィディリティ・チャイナ・フォーカスのほぼ倍だったw

次に引き上げた元本分を、普通預金で運用していると考えてみる。
その場合、運用額は株1600万円と元本1000万円の計2600万円となる。
300万円が10年で、約2600万円になるために、必要な年平均リターンを逆算した。
下図の青が約2600万円になる複利計算のグラフで、年平均リターンは24.1%だったw

300万円が貯蓄により1000万円に増え、株式投資により約2600万円に増えた。
貯蓄だけでも、株式投資だけでも、約2600万円に増えなかった。
貯蓄と株式投資の複利効果により、8倍以上に増やせたと考えている。
初期投資額が少額だったからこそ、これだけのハイリターンを残せたのかもしれないw

2016年4月8日金曜日

望月三起也先生の思い出

先日、漫画家の望月三起也先生がお亡くなりになった。
謹んで、ご冥福を申し上げたい。
自身は中学、高校時代に先生の作品にはまった。
「俺の新撰組」、「優しい鷲JJ」、「四つ葉のマック」、「ワイルド7」などである。

おそらく先生の作品で最も有名な作品は、「ワイルド7」だろう。
アウトローの白バイ警官たちが巨悪に立ち向かう作品で、数年前には実写映画化された。
数年前には、現代を舞台にした「ワイルド7R(リターンズ)」も描かれていた。
ちなみに自身の「銘柄を明かさない理由R」のRもリターンズで、真似させてもらっている。

自身が、最も印象に残っている作品は「俺の新撰組」である。
全5巻で、最後は土方歳三たちが初代局長の芹沢鴨を暗殺する場面で終わった。
当時から、先生は土方歳三が五稜郭で最後を遂げるところまで描きたいとしていた。
自身は、いつ続きが読めるのか、楽しみにしていたが叶わなかった。

結局、先生が存命中に「俺の新撰組」の続編を描くことはなかった。
自身がいつかあちらの世界へいったとき、続編を読んでやろうと思っている。
先生は桜の季節にあちらの世界に行ってしまわれた。
これから、毎年、桜を見る度に、先生の作品のことを思い出すような気がしている。

2016年4月7日木曜日

長期投資はヒマである

個別株への長期投資ほど、ヒマなものはない。
ヒマなので、毎日のようにブログも更新できる。
自身の売買は、年に数回、あるかないかである。
確定拠出年金のように、毎月一定額を積み立てる必要もないw

何度も書いているが、株は資産である。
短期で騰がったから売る、下がったから買うという行為は、投資ではなく投機である。
地価が騰がったから、下がったからといって、自宅を売ったり買ったりしない。
鉄の価格が騰がったから、下がったからといって、車を売ったり買ったりしないw

株は目に見えないだけで、不動産や車と同じ資産である。
だが株は不動産や車と異なり、時間軸に比例して資産価値が向上する。
個別株への長期投資ほど、手間のかからない資産運用はない。
なぜ個別株への長期投資で資産運用する人が少ないのか、いつも不思議に思うw

2016年4月6日水曜日

銘柄を明かさない理由R57 桜の下で

第57話 桜の下で

天使の笑顔をもつ男は、新年度を迎えた。
キャンパスの至るところで、新入生へのサークル勧誘が行われている。
桜が満開の中、天使の笑顔をもつ男は、ある思い出を思い返していた。
それは幼い頃の思い出だった。

その思い出は、家族で公園へ花見に出かけたときの思い出だった。
「わあ、きれい」、妹が満開の桜を見て声をあげる。
「このあたりで、お花見にしましょう」、母親がいう。
「ようやく飲めるな」、父親がおどけていった。

満開の桜の中、天使の笑顔をもつ男は、家族と楽しいときを過ごした。
妹は桜の幹を揺らして花びらを落とそうとした。
だが、桜の花びらは妹が揺らせたぐらいでは落ちない。
「いくら力持ちでも、桜さんにはかなわないわね」、母親が笑いながらいった。

父親は缶ビールを飲みすぎたのか横になった。
「お父さんは寝る、お前ら遠くへ行くなよ」
「探検に行こうか」、天使の笑顔をもつ男は、退屈そうな妹にいった。
「タンケン♪タンケン♪タンケン♪」、天使の笑顔をもつ男と妹の探検が始まった。

ふと、視線を感じて横を見ると、女友達が不思議そうに見ていた。
「ごめん、考え事してた、そうだ、週末、花見に行かない」
女友達はにっこりと微笑み、嬉しそうにうなずいた。
「じゃあ、週末は花見で決まりだね」、天使の笑顔をもつ男はいった。

週末、天使の笑顔をもつ男は、女友達と公園に花見に出かけた。
2人分のスペースを見つけると、シートを広げた。
女友達が持参してきた弁当を開け、持参したハイボールで2人は乾杯した。
満開の桜の下、2人だけの花見が始まった。

「あら、誰かと思ったら、こんなところで会うとは偶然ね」
天使の笑顔をもつ男が振り向くと、春らしい装いをした定食屋の女性店主がいた。
「奇遇ですね、花見にきてらっしゃるんですか」、天使の笑顔をもつ男はたずねた。
「常連さん達と花見に行こうって話になってね」、女性店主は笑いながらいった。

「あの男の人も来ているんですか」、天使の笑顔をもつ男は聞いた。
「誘ったんだけど、人の多い花見は苦手だって断られたわ、じゃあ、またね」
視線を感じて横を見ると、女友達が不服そうに天使の笑顔をもつ男を見ていた。
「探検・・・には行かないよね」、天使の笑顔をもつ男はいった。

2016年4月5日火曜日

マイナス金利が金融緩和になる理由

最初、マイナス金利のどこが金融緩和なんだと思ったが、ようやくわかった。
マイナス金利は、結果的に金融緩和になる。
今回のマイナス金利で、円高株安となった。
だが日銀からしてみれば、金融機関に金利を払わなくてよくなり、プラスになるw

外国人投資家に日本株を投げ売りさせ、彼らに損失を確定させる。
外国人投資家の投げ売りが終わった頃、マイナス金利をプラスにする。
日銀としては金利を元に戻すだけで、上昇相場を作り出すことができる。
しかも日銀は、何の持ち出しもなく、むしろ収益率は大幅に向上するのであるw

自身は理系出身で、経済学の講義を受けたことはない。
だが、株式投資によって、経済の面白さを堪能している。
このようなトレンドは、数年に一度、いや10年に一度あるかないかである。
我々、国内個人投資家にとっては、千載一遇のチャンスなのであるw

外国人投資家よ、恐怖にかられて売るがいい。
買値の半値になり次第、無限ナンピンで仕込ませてもらうw
上記はあくまでも、一個人の見解です。
くれぐれも投資は自己責任でお願いしますw

2016年4月4日月曜日

想定外の出来事

家計にとって、食費が占める割合は高い。
いかに計画的に食費を管理するかは、重要な課題である。
自身は料理を作る際は、多めに作ることが多い。
なぜなら、その方が安上がりだからであるw

下は、昨夜の自身の酒の肴である。
鯖の味噌煮、肉じゃが、スパゲッティサラダの3品で大量に作った。
娘は美味かったのか、自身の倍近い量を食べた。
それでも数日分の量が残り、タッパーに入れて冷蔵庫に保管したw

今夜の食事の用意は、昨日の残り物があるから、楽だなと思っていた。
帰宅すると、シンクに何かが積み上がっていた。
シンクに近づいて見ると、昨日、冷蔵庫に入れたタッパーが全て空になっていた。
ウチの娘の食欲は、想定外だったw

2016年4月3日日曜日

保有株の評価方法

株には、時価ともいえる本来の株価(BPS)がある。
日々の株価は、その日の取引価格にすぎない。
株のBPSは、企業の成長に伴い騰がり続ける。
事実、自身が保有している5銘柄のBPSは、保有してから騰がり続けているw

自身は、保有している株の日々の値動きには一喜一憂しない。
なぜなら、いつもBPSで、保有株を評価しているからである。
自身は不定期にだが、保有株の評価損益額をエクセルシートに記録している。
記録する際には、BPSでの評価損益額も記録するようにしているw

現在、保有している5銘柄の株価は、全てBPS以下である。
BPS以上で購入した株もあるが、成長に伴いBPS未満になった。
自身にとって、今の株価がいくらになろうが、あまり関心はない。
なぜなら保有株の株価がBPSになれば、評価損益額が1000万円以上、増加するからであるw

一戸建てで重視すること

昨日、「分譲マンションのメリット」という記事を投稿した。
自身では、当たり前だと思っていたことを書いた記事である。
ところが、他の記事と比べ、PV数が多かったので驚いた。
好評(?)につき、住宅シリーズ第2弾をお届けするw

一戸建てを購入する場合、建物より土地を重視しなくてはならない。
土地で最も重視したいポイントは、土地の前歴である。
土地の前歴が田や畑などの場合、注意が必要である。
なぜなら、住宅を建てるには不向きだとされてきた土地が多いからである。

田の場合、古くは沼地であったり、湿地帯であったりするケースが多い。
一戸建てを建てる場合、土地の改良に高額な費用が発生するケースが多い。
畑の場合、起伏のある土地であるケースが多い。
建物だけならまだしも、地すべりやがけ崩れなどで生命を脅かされる可能性がある。

今はインターネットで、過去の航空写真を閲覧することができる。
土地を購入する前に、過去の航空写真で土地の前歴を確認することをオススメするw

銘柄を明かさない理由R56 誰がために

第56話 誰がために

小柄な小動物を連想させる女性社員は呆気にとられた。
取引画面から、明らかに株価操縦だと思われる注文が消えたのである。
インカムを通して女性はいった、「注文が消えました、ありがとうございます」
「前場は任せろ」、無敗のクイーンから応答があった。

無敗のクイーンは、社長室秘書への通話スイッチを入れた。
「ご用件は何でしょうか」、社長室秘書が応答する。
「アルカディアメンバーを招集しろ」、無敗のクイーンが命じる。
「かしこまりました」、社長室秘書が応答する。

「あと、最近、変わった出来事がなかったか、報告するように伝えてくれ」
社長室秘書が、わずかだが躊躇した。
「変わった出来事とはどのような出来事でしょう」
「誰かにアルカディアのことを聞かれたりしていないかとかだ」

社長室秘書が息を呑む気配が、インカムを通して伝わってきた。
さては、こいつか、情報を漏えいした犯人は。
今さら責任追及をしても仕方がない、時間のムダだ、無敗のクイーンは思った。
「かしこまりました」、社長室秘書から応答があった。

前場が終わり、昼のミーティングが始まった。
10名のアルカディアメンバーに無敗のクイーンが告げる。
「アルカディア創設以来の敵の攻撃が確認された。
敵が誰なのか、また攻撃する目的が何なのかはわかっていない。

だが攻撃された以上、我々は反撃しなくてはならない。
なぜなら勝ち続けることこそが、我々のレゾンデートル、存在価値だからだ。
お前たちは選ばれし者だ、自分たちが世界で一番、偉いと思え。
お前たちに勝てる奴など、この世に存在しない」

ミーティングが終わると、アルカディアメンバーは席に着いた。
全員がインカムを装着し、後場の開始を待った。
無敗のクイーンのインカムに、テンが選曲したらしいアニメの主題歌が聴こえてきた。
アルカディアメンバー全員に聴こえているはずだが、誰も表情には出さない。

シンプルプランは、架空の個人投資家の売買データをおとりに敵をおびき寄せる。
アルカディアは敵の動きに合わせ、臨機応変に売買を行い、最後には勝利する。
我々に攻撃したらどのような目に遭うか、思い知るがいい。
どれだけ長い戦いになろうが必ず勝ってやる、無敗のクイーンは不敵な笑みを浮かべた。

2016年4月2日土曜日

分譲マンションのメリット

自身の自宅は分譲マンションである。
分譲マンションのメリットについて書いてみる。
デメリットは書かないというか、書けない。
なぜなら、デメリットが見当たらないからであるw

1.法規制が多い。
分譲マンションのような建物は、固い層まで杭を打たなくてはならない。
一戸建ての場合、固い層まで杭を打たなくてはならないという法規制はない。
一戸建てでは、住宅会社が杭を打つ、打たないを決めることは、意外と知られていないw

2.計画的に修繕を行ってくれる。
分譲マンションでは、管理組合もしくは管理会社が計画的に修繕を行ってくれる。
一戸建ての場合は、自身が修繕費を積み立て、修繕を行わなくてはならない。
自身は積み立てが得意ではないので、修繕費を徴収される方が気が楽であるw

3.建設会社が修繕してくれる。
規模が大きいため、大手もしくは中堅の建設会社でないと修繕できない。
一戸建ての場合は、よほどの規模でないと、上記の建設会社は修繕してくれない。
万が一、建設会社とトラブルがあった際は、管理組合や管理会社が対応してくれるw

住宅は高額の買い物であるが、買った後も維持管理のための修繕費が発生する。
資産運用において、住宅の修繕費は外すことはできない科目だと考えている。
自身は、予算面から分譲マンションしか購入できなかった。
後で上記の3つのメリットに気づき、分譲マンションでよかったと思った次第であるw

銘柄を明かさない理由R55 シンプルプラン発動

第55話 シンプルプラン発動

小柄な小動物を連想させる女性社員は、トレーディングの真っ最中だった。
変だわ、小柄な小動物を連想させる女性社員は思った。
一見すると、別々の大口の買い注文と売り注文に見える。
だが、よく見ていると、約定するタイミングが同じだった。

株価操縦だわ、察知した女性はインカムの通話スイッチを入れた。
「株価操縦の動きを確認、シンプルプランの発動をお願いします」、女性が報告する。
「了解」、創設者の女性社員から応答があった。
おかしな動きがあるかもしれないという話は本当だったんだわ、女性は思った。

アルカディアの創設者である無敗のクイーンから話があった。
「無敗の個人投資家たちのログイン画面に、何者かが頻繁にアクセスしているようだ。
おかしな動きがあったら、すぐ報告しろ。
合い言葉は、シンプルプランを発動しろだ」

シンプルプランの発動依頼を受けた無敗のクイーンは、システムを起動した。
取締役会で、情報システムの社員から報告があった。
無敗の個人投資家たちの売買データが狙われているというものだった。
味方ならこのような手の込んだことはしない、無敗のクイーンは思った。

無敗のクイーンは攻撃に備え、情報システムにあるシステムの構築を依頼した。
依頼したのは、架空の個人投資家の取引口座をベースにしたシステムだった。
架空の個人投資家の取引口座は、過去の取引は無敗で運用額は数億円だった。
情報システムによる突貫作業でデータは完成、完成後は定期的にログインさせていた。

無敗の個人投資家たちの売買データを狙うのなら、必ずこのデータに食いつく筈だ。
「オートログイン完了、シンプルプラン発動」、システムの電子音声が告げる。
電子音声は依頼していなかったが、奴には余裕の仕事だったってことか。
「不正ログイン感知」、システムの電子音声が告げた。

架空の個人投資家の取引口座には、いくつかの保有銘柄が仕込んであった。
また売買プログラムには、各銘柄の値動きを基にしたアルゴリズムが組み込んであった。
現在の株価と出来高から、買値、売値および数量を自動計算、発注するシステムだった。
無敗のクイーンは、日頃の出来高が少ないある銘柄に狙いを定めた。

無敗のクイーンは素早く銘柄コードを入力、ENTERキーを叩いた。
モニターの取引画面に、自動でいくつかの買い注文が浮かび上がった。
ほどなくして呼応するかのように、大口の買い注文と売り注文が現れた。
「わかりやすいな、やはり敵か」、無敗のクイーンはつぶやいた。

2016年4月1日金曜日

銘柄を明かさない理由R54 時代遅れの男

第54話 時代遅れの男

取締役を兼ねる営業責任者の男は、先ほどの取締役会の内容について考えていた。
取締役会では、情報システムの男からの報告があった。
当社への海外のサーバーを経由したアクセスが急増しているというものだった。
資産運用を担当する女性社員が何の問題もないといい、取締役会は終わった。

おそらく同業他社の攻撃に違いない、取締役の男は思った。
我が社は急成長しており、しかも独立系の証券会社だ。
敵の心当たりは山ほどある、同業他社の全てが敵だといっても過言ではない。
だが犯罪のリスクを犯してまで、攻撃してくるような敵に心当たりはなかった。

男は創業後初の新卒社員だった。
就職難だった当時、三流大学卒だった男を迎え入れてくれる会社はなかった。
履歴書を送った会社に対し、面接までこぎつけた会社はわずかだった。
どの会社からも内定はもらえなかった。

就職浪人を覚悟したとき、ある求人雑誌の求人が目に止まった。
「営業管理職候補求む、経験学歴不問」というものだった。
いかにも怪しげな求人だったが、就職先が決まらない焦りから男は応募した。
今でも面接当時のことは、よく覚えている。

面接は雑居ビルの1室で行われた。
社長だという巨躯の男と、にこやかな優しい雰囲気の男の2人が面接官だった。
優しい雰囲気の男に応募動機を聞かれた。
男は答え始めた、「貴社の将来性に魅力を感じました。その理由は」

「応募動機を話せといっている、本当の応募動機を話せ」、巨躯の男がいった。
こんな質問、想定問答集にもなかった、どう答えればいい、男は頭が真っ白になった。
優しい雰囲気の男が聞いてきた。
「我が社は無名の会社だよ、本当の応募動機を聞かせてもらえるかな」

男は正直に話すことにした。
正直、この会社のことはよく知らないこと、どこでもよいので内定が欲しかったこと。
聞き終わったあと、優しい雰囲気の男がいった。
「内定だよ、だが選ぶ権利は君にある、我が社に入社したいと思ったら連絡をくれるかな」

翌日、入社の意志を伝えた男は、営業管理職候補として採用された。
優しい雰囲気の男、現在の社長の指導の下、最年少の取締役になった。
会社のために働くなんて時代遅れだ、だが1人ぐらい時代遅れの男がいてもいい。
男は持てる人脈の全てを使い、敵の正体を突き止めることにした。