2017年10月20日金曜日

【現在の株式評価額】20171020~祝!日経平均14連騰!~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,097,000円
・損益額合計:15,859,400円(損益率490%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,639,000円
・損益額合計:2,649,000円(損益率268%)
・保有銘柄数:1銘柄

日経平均株価が、57年ぶりの14連騰で歴代最長記録に並んだらしい。
14連騰を記念して、現在の株式評価額を記録しておく。
前回の14連騰は1960年12月21日から1961年1月11日だったらしい。
当たり前だが、自身が生まれる前のことなので記憶にはないw

自身はこの歴史的瞬間に立ち会えたことを素直に喜びたい。
週明けの相場はどうなるかはわからない。
だが、自身はいつもながらのストロングホールドで挑む所存だ。
さて、今宵は手作り洋食を酒の肴に祝杯を挙げることにしようw

2017年10月18日水曜日

【コラム】暴落相場での行動が成否を分ける

先日、知人と株の話をする機会があった。
知人は、自身と同じく10年以上前に株を始めた。
ところがリーマンショックで、数百万円の含み損になった。
現在では、ようやく百数十万円の含み損まで回復したとの話だったw

自身もリーマンショックでは数百万円の含み損だった。
だが自身は数年前から、とっくに含み益に転じている。
なぜ、知人は含み損で、自身は含み益なのか。
おそらく、リーマンショック後の行動で、差がついたのだと思っているw

リーマンショック後、自身は金が貯まるたびにナンピンしまくった。
信じてもらえないかもしれないが、当面の生活費以外は株購入に充てた。
当時のアセットアロケーション(資産配分)は、90%以上が株だった。
なぜなら、それが自身にとって含み益にする最良の方法だったからであるw

ナンピンすることによって、平均取得単価を下げる。
株価が株の定価(BPS)へ向かって上昇すれば、含み損は含み益に転じる。
よく、含み損が多くなると、損切りする人がいる。
損切りは何もメリットがなく、そもそも損切りしようとする神経が理解できないw

2017年10月17日火曜日

【コラム】株式投資をすれば世界が変わる

自身は株式投資を始めてから、連戦連勝の無敗である。
株式投資を始めた目的は、住宅ローンの一括返済だった。
だが数年前にそれまでの元本を引上げ、住宅ローンの一括返済を完了。
今は特に決まった目的はなく、マネーゲームとして株式投資に取り組んでいるw

一定額以上の株を保有している方はおわかりだろう。
一定額以上の株を保有していれば、1日、万単位で評価額が増減する。
1日で万単位の評価額の変動があると、どうなるか。
はっきりいって、残業までして働くのがバカらしくなるw

なぜ、残業がバカらしく思えるようになるのか。
自身は金銭に対する世界観が変わるからだと思っている。
世の中には様々な職業があるが、全ての対価は時間に比例している。
だが、株式投資による対価(リターン)は、様々な職業に比べ桁違いなのであるw

特に自身のような長期投資の場合、株式投資に費やす時間は極端に少ない。
相場に大きな変動があったとき、相場の状況を確認、売買をするだけである。
真面目に働くのはよいことだし、自身も本業は会社員だ。
だが残業している連中を見ると、住んでいる世界が違うと思ってしまうのであるw

2017年10月16日月曜日

【エッセイ】長期投資家の長期投資戦略とは

株式評論家や証券アナリストなどの人種をご存知だろうか。
彼らは株の短期の値動きを予測することを生業としている。
彼らが数年間にわたる長期予測をすることはない。
なぜなら、一度、長期予測をすると、仕事がなくなるからであるw

自身の投資スタイルは長期である。
株の売買は年に数回あるか、ないか。
年によっては、一度も売買しない年もあった。
また、買い増し(ナンピン)は数年かけて行なうことが多いw

そんな自身が相場を予測する場合、当然ながら長期予測になる。
例えば、東京オリンピックが開催される2020年。
自身はこのとき、相場は直近のピークを迎えるとみている。
よって、それまでは毎年、相場の底で拾うようにしているw

だが、自身の目的は2020年のピークで売り抜けることではない。
2020年以降、相場が大底を打ったときに大量に買いを入れることが目的だ。
リーマンショックの大底でも買い向かったが、資金が少なく悔しい思いをした。
だが、ニ度と同じ轍は踏まない、次回の大底は大量に買い付けてやる所存だw

2017年10月15日日曜日

【エッセイ】子育てが終わりに近づき思うこと

自身は大学生の娘と2人暮らしをしている。
早いもので、順調にいけば、あと2年足らずで娘は社会人になる。
医療系の私大なので、学費は年間150万円ほどになるが、あと1年で終わる。
娘の資産を株式で運用しているが、これもあと1年で終わるw

世間では夫婦共働きが増えてきている。
また学費が用意できずに、奨学金を使わせる親も多いと聞く。
そのような中、シングルインカムだが奨学金を使うことはなかった。
それだけでなく、娘の資産を殖やし続けている自身は凄いといえるw

先日、シングルファーザーの知人と話す機会があった。
知人は高校生の娘と2人暮らしをしており、大学の学費は用意できているらしい。
知人いわく「子育ての目処がついたら、自分のことをしたい」と。
話を聞いて思った、それはアリだとw

まだまだ、人生、先は長い。
自身は親としての義務は十分すぎるくらい果たしている。
ならば、これからの人生は自身のやりたいことをやる。
稼いだ金を惜しみなく使って、人生を謳歌してやるw

2017年10月14日土曜日

【コラム】出世欲がない会社員は最強である

会社員の経験がある方はご存知だろうが、会社には様々な人がいる。
よくいるのが、自分を高く評価して欲しいという人々である。
つまり、出世欲の塊のような人々である。
自身は会社員の傍ら株式投資を行っているので、出世欲はさらさらないw

自身の経験からいうと、出世欲と仕事の能力は比例しない。
むしろ、出世欲が強い人ほど仕事ができない人が多い。
なぜ、出世欲が強い人ほど仕事ができないのか。
答えは簡単で、出世欲が強い人は出世することが目的だからであるw

彼らにとって仕事の成果は二の次で、いかに出世するかが大事なのだ。
いかに自分が優れているかを、上司へアピールすることにいそしんでいる。
自身からいわせると、出世しようといそしんでいる会社員は愚かである。
はっきりいって○鹿だといった方が、いいかもしれないw

なぜなら、会社や株主からすると、社員の人件費は高いよりは安い方がよい。
仕事もできない人間に高い給与を払うことは、会社や株主にとってマイナスである。
仕事もできない人間に高い給与を払うくらいなら、仕事のできる人間を重宝する。
よって、自身のように仕事ができて出世欲のない会社員は最強なのであるw

2017年10月10日火曜日

【コラム】偉大なる相場師の教えは人生観を変える

自身は株式投資を始めるに当たって、多くの本を読んだ。
ベンジャミン・グレアム氏の「賢明なる投資家」、福澤桃介氏の「福澤桃介式」
本多静六氏の「私の財産告白」、是川銀蔵氏の「相場師一代」などなど。
これらの本は、自身の人生観に大きな影響を与えてくれたw

本を読めばわかるが、彼らは特殊な能力をもっていた訳ではない。
生まれ育った環境や運がよかった訳でもない。
彼らが他の人と異なっていたのは、物事に対する考え方である。
多くの人が考えることと、異なる考え方ができたのであるw

例えば「福澤桃介式」に、福澤桃介氏が半生守ってきたことがある。
「自分を世界で一番、偉いと思え」
「自分を世界で一番、幸福者と思え」
福澤桃介氏は続けて、こう述べているw

「グレーテストマンであると同時にハッピエストマンであることを思ったならば、
悲しむことも、落胆することもない。そしてますます自分を向上させることができる。
これはいわゆる悟道論のようなもので、いわば悟りに入ったのである。
私は、いつもそのように考えることが必要だと思っている」w

多くの人は、結果で幸福か否かを判断しようとする。
「資産がいくらあれば幸福だ」、「生活レベルが高ければ幸福だ」などなど。
だが、人生は山あり谷ありで浮き沈みが激しい。
どのような局面においても、幸福だと思えれば、これほど幸福なことはないw

貧乏になったり、重病であったりしても、己を幸福にさせるためだと考える。
そのような境遇に遭わせることによって、幸福へと導くのだと考える。
自身はこれらの教えを知ってから、世界で一番、偉い幸福者だと思うようになった。
ちなみに自身は無宗派で、怪しい宗教の勧誘ではないので安心されたいw

2017年10月8日日曜日

【コラム】不動産を貸すなら法人限定がオススメだよ

自身は所有するマンションをある大手企業に貸している。
管理費や修繕積立金、固定資産税を払っても、一定額が残る。
何もしなくても、専用口座の残高は増え続けている。
不動産を法人に貸すメリットについて書いてみるw

1.値引き交渉がない。
転勤等で社員が住居を探す場合、あらかじめ上限金額が決められている。
社員が上限金額までの物件を選んでくれるため、値引き交渉がない。
事実、自身が契約する際も、値引き交渉は全くなかったw

2.家賃滞納がない。
法人との契約になるため、社員が家賃を振り込むことはない。
家賃の振込みは会社の経理、または社宅代行会社によって行なわれる。
彼らの振込みは正確で、滞納などはあり得ないw

3.入居後のトラブルがない。
当然ながら、入居者はその会社の社員である。
しかも転勤があるということは、複数の拠点を有する会社だ。
万が一、トラブルがあっても、会社が後始末をしてくれるw

では、どうすれば不動産を企業に貸すことができるのか。
1つは、法人から社宅を依頼される規模の不動産会社に募集依頼すること。
1つは、不動産会社が限定解除をいってきても、法人限定で押し通すこと。
最後の1つは、最も重要でリフォームによりお得感を持たせることだw

自身は入居者が退室するたびに、リフォームを行なう予定だ。
入居期間が長引くほど、リフォーム費用が貯まり高額なリフォームが可能になる。
えっ、それじゃ儲からないんじゃないかって。
前にもいったろう、自身にとって不動産は投資ではなく遊びだってw

【エッセイ】休日に娘について思うこと

自身は大学生の娘とタワマンで暮らしている。
住んでいるタワマンはファミリータイプなので、2人には広すぎる。
本来は4人家族を想定した間取りなので、部屋や物入れが余っている。
また家具も少ないので、余計のこと広く感じるw

窓からは都心やスカイツリーを望むことができ、眺望も申し分ない。
休日は、食べたいときに食べたい物を作り食べる。
もちろん我が家より生活レベルの高いところはあるだろう。
だが自身は、現在の生活レベルで十分に満足であるw

娘は休日はバイトするか、遊びにいくことが多い。
自身の女友達にもいわれるが、娘にとって今が一番、いいときかもしれない。
家賃は払わなくてよいし、家事や食事の用意は自身がしてくれる。
バイト代は全て自分のために使うことができるw

ふと思った。
この先、娘が結婚して家を出れば、おそらく生活レベルは今より下がる。
家事をしなくてはならず、今のように毎月数万円を自由に使うことはできない。
娘が今の生活を続けることを選ばず、結婚してくれることを願うばかりであるw

2017年10月6日金曜日

【現在の株式評価額】20171006~子どもファンド年初来高値更新~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,218,000円
・損益額合計:15,980,400円(損益率494%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,674,000円
・損益額合計:2,684,000円(損益率271%)
・保有銘柄数:1銘柄

夏は~外国人がいなくなる~♪
いなくなったら、株価が下がる~♪
底打ちで仕込む!魔法のバトン!♪
(曲はデリケ○エムズのCM曲w)

Yファンドは微減だが、自身が運用している子どもファンドは年初来高値を更新。
子どもファンドは、8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループへの集中投資。
自身の運用により、1株あたりの平均取得単価は200円に満たない。
これほど割安の8306を保有している大学生は、おそらく娘くらいだろうw

2017年10月5日木曜日

【エッセイ】今年使う金が1000万円を超える話

自身は大学生の娘と2人暮らしである。
先日、娘の後期の学費を、大学の指定口座に振り込んだ。
医療系の私大なので、後期だけで80万円近い学費だった。
振り込んだあと思った、今年、結構な額を使っているなとw

今年になってから、使った金をざっくり計算してみた。
所有マンションを賃貸にするため、リフォームした費用が約170万円
娘の学費、運転免許取得費、国民年金が約200万円
自身と娘名義の株購入費用が約430万円、合計約800万円だったw

所有マンションをリフォームした費用は、家賃収入でいずれは元は取れる。
娘の学費、運転免許取得費、国民年金を支払うのは、親として義務である。
だが見方を変えると、ある意味、娘への投資ともいえる。
自身と娘名義の株購入費用は、いうまでもなく完全に投資だw

この他に、家賃や水道光熱費、食費等の生活費がある。
それらも含めると、今年、使う金の合計額は軽く1000万円を超えるだろう。
自身は会社員が本業で、本業の収入は同世代の平均で1000万円に満たない。
ところが1000万円以上を使う予定にも関わらず、なぜか資産は増加中であるw

2017年10月4日水曜日

【コラム】不動産屋任せにすると空き室になる話

今年の3月に所有するマンションをリフォームし、賃貸の募集をかけた。
同じ時期に同じマンションの別住戸が募集をかけた。
自身が所有する住戸は、募集してすぐに借主が決まった。
ところが別住戸は、現在も借主を募集中であるw

なぜ、別住戸の借主は決まらないのか。
答えは、不動産屋任せにしているからである。
当初、その住戸の募集家賃は、自身の募集家賃より低かった。
自身としては少し焦ったが、自身の住戸は募集して数日で決まったw

ところが今、別住戸は自身の募集家賃より高い家賃で募集している。
おそらく、不動産屋が家主にいったのだろう。
角部屋なので、自身の家賃より高くしても貸せますよと。
だがリフォームしなければ、自身の家賃は明らかに割高であるw

事実、別住戸は募集をかけてから、半年が過ぎたがまだ募集中だ。
割高な家賃で募集を続けさせられる家主は哀れである。
所詮、不動産屋は家主のことを親身になって考えちゃいない。
今回の件で思った、空き家が増える一因は不動産屋にあるのかもしれないとw

2017年10月3日火曜日

【現在の株式評価額】20171003~この相場、連騰中につき~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,224,000円
・損益額合計:15,986,400円(損益率494%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,638,000円
・損益額合計:2,648,000円(損益率267%)
・保有銘柄数:1銘柄

子どもファンドも増加、Yファンドはまたもや最高額を更新した。
娘が数万円かけて歯のホワイトニングをしたいので金をくれ、といってきた。
以前なら、歯磨き粉をつけて口をゆすがなければ白いままだ、といっただろう。
だが評価額が順調に増加しているので、即答でOKしたのはいうまでもないw

2017年10月2日月曜日

【現在の株式評価額】20171002~仕手株連騰~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,105,000円
・損益額合計:15,867,400円(損益率490%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,622,500円
・損益額合計:2,632,500円(損益率266%)
・保有銘柄数:1銘柄

子どもファンドは微減だが、Yファンドは微増ながら最高額を更新した。
自身が保有する仕手株が、先日、グッドニュースが出てから騰がり続けている。
自身はこの仕手株を数年前にタダ株にしている。
よって今回の連騰も、高みの見物とさせてもらう予定だw

2017年10月1日日曜日

【コラム】上手い投資家にマネー雑誌の取材が来ない理由

情報化社会の現代、誰もが相場に関する情報を容易に入手できる。
情報入手という点では、もはやプロとアマの差はないといっても過言ではない。
そもそも相場の動向は、情報で決まるものではない。
経済の動向や世界情勢による人々の恐怖と欲望によって決まるのであるw

この時代、誰もが投資ファンドを上回るリターンを残せる可能性がある。
投資ファンドのリターンを上回る個人投資家は、自身も含め少なからず存在する。
ところが、自身たちのような個人投資家がマネー雑誌などで紹介されることはない。
なぜなら、マネー雑誌のスポンサーにとってメリットがないからであるw

マネー雑誌のスポンサーは、証券会社や金融商品を扱う会社である。
証券会社や金融商品を扱う会社の収入は、取引に伴う手数料だ。
ところが、投資ファンドのリターンを上回る個人投資家は長期保有である。
数年にわたって保有することはザラで、取引回数は驚くほど少ないw

自身たちの投資手法が広まると、証券会社や金融商品を扱う会社は儲からない。
したがって、自身たちがマネー雑誌などで紹介されることはないのである。
えっ、ウソだろうって、ウソだと思うならマネー雑誌を読んでごらん。
紹介されているのは、短期売買の投機家か、積立投資の信仰者だけだよw

2017年9月30日土曜日

【エッセイ】株を底で買う方法

先月30日に、今年初めての買いを入れた。
購入したのは、8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ。
自身がいうのも何だが、今年の底で買えたと思っている。
自身がどのようにして底で買ったのか、具体的に書いてみるw

自身の売買は、ファンダメンタルとテクニカルを併用している。
ファンダメンタルの基準の1つが株の定価、1株当り純資産(BPS)だ。
8316のBPSは6,901.67円だが、株価は4,000円台を推移している。
つまり、相場では定価よりはるかに低い価格で売買されているのであるw

ファンダメンタルのもう1つの基準が、配当利回りになる。
8316の配当は160円なので、株価が4,000円なら配当利回りは4%になる。
8316の配当利回りは、定期預金の金利をはるかに上回っている。
つまり、現金で持っているより、8316を買った方がはるかにお得なのであるw

テクニカルでは、落ちるナイフが刺さったときを見抜くことが重要になる。
下図は8316の3ヶ月チャートだが、7月に入ってから株価が下がっていた。
8月29日、例の国が早朝にミサイルを発射、株価は一時4,000円を割った。
チャートに落ちるナイフが刺さった形が現れたので、翌日、購入した次第であるw











2017年9月29日金曜日

【現在の株式評価額】20170929~バトンは急には止まらない~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:19,029,000円
・損益額合計:15,791,400円(損益率488%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,653,500円
・損益額合計:2,663,500円(損益率269%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドと子どもファンドともに、微増ながら最高額を更新した。
自身と同時期に同じ株を買った方、おめでとう。
君が買った株の評価額も順調に増えているはずだ。
あとは慌てて買いにきた外国人投資家たちを、高みの見物と洒落こもうじゃないかw

2017年9月28日木曜日

【現在の株式評価額】20170928~回り続ける魔法のバトン~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:18,983,000円
・損益額合計:15,745,400円(損益率486%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,644,500円
・損益額合計:2,654,500円(損益率268%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドと子どもファンド、ともに最高額を更新した。
今年、初めての買いを入れてから、保有株の株価は上昇を続けている。
しかも自身が買った途端に上昇、株価は騰がり続けている。
まさかとは思うが、外国人投資家に自身の売買は監視されているのかもしれないw

2017年9月27日水曜日

【エッセイ】我が家の収入に関する考察

現在、我が家には5つの収入がある。
3つは自身の収入、2つは娘の収入である。
自身の収入は、会社からの給与収入、株主としての配当、家主としての家賃収入。
娘の収入は、バイト代、株主としての配当であるw

娘の収入は、娘の稼ぎなので娘の好きに使わせている。
自身の収入は収入別に口座を分け、収入に伴う支出を引き落としている。
それぞれの口座で、収入の範囲内に支出を抑えるようにしている。
したがって、時が経つにつれて、口座の残高は増え続けるのであるw

さて、家主としての家賃収入。
所有していたマンションを全面リフォームして、大手企業に貸している。
当初は一定額が貯まれば、株の購入資金にしようと考えていた。
だが、最近、考えが変わったw

いずれ大手企業との契約は解除され、別の企業に借りてもらわなくてはならない。
今回、大手企業が借りてくれたのは、全面リフォームしたことが大きかった。
よって家賃収入で得た費用全額を、次回のリフォーム費用に充当することにした。
自身にとって賃貸とは収益目的ではなく、ちと高額な趣味といえるかもしれないw

2017年9月26日火曜日

【エッセイ】資産を殖やす黄金のサイクルについて

真面目に仕事をしていても雇われ社員である限り、生涯収入はしれている。
出世のために残業をすればするだけ、時間当たりの給与は低下する。
子どもを預けて働きに出ても、保育料を差し引くと、わずかな手取りだ。
金融機関の定期預金に預けても、利息は物価高の上昇には追いつかないw

資産を殖やす黄金のサイクルについて書いてみる。
黄金のサイクルに必要なのは、本業とは別の副収入である。
例えば、株式投資の黄金のサイクルは以下になる。
株を買う→配当が入る→貯蓄できる→株を買う→(以下、繰り返しw)

ここで重要なのは、副収入は安定した収入であることだ。
株式投資には売買による譲渡益と配当益がある。
はっきりいって、短期売買による譲渡益は安定した収入とはいえない。
それに引き換え、配当は年間予想が容易で安定した収入といえるw

株価が下落すると、利益確保とばかりに慌てて売る連中がいる。
なかには信じられないことに、損切りなどという愚かな行為に出る者もいる。
当たり前だが、株価が下がろうが配当が下がることは滅多にない。
副収入を活かして株を増やし続けることこそが、黄金のサイクルなのであるw

2017年9月25日月曜日

【ブログ3周年特別企画】本ブログの今後の方針

本ブログも3周年を迎え、4年目に突入する。
上から目線の本ブログをお読みいただいている方には感謝申し上げる。
本ブログは資産運用や日々の生活を綴った私的なブログである。
よって上から目線が気に入らない方は、読まずにスルーしていただきたいw

本ブログの目的について書いてみる。
本ブログの目的は、資産運用の状況や日々の生活の記録である。
いつでも読み返せるように、自身の備忘録としている。
だが目的とは別に、前代未聞のある試みを行なっているw

その試みとは、事前予告による株の売買である。
株ブログは多くあるが、売買する株を事前予告するブログを自身は知らない。
自身は世界で最も偉いと思っており、無敗の投資手法を体得している。
よって事前に予告しようが、どのような相場が来ようが勝てるのであるw

これからも事前予告してから株を売買する。
どのタイミングで、どのような売買をするか、よければご覧いただきたい。
読者の方の参考になり儲かったのであれば、これ以上、嬉しいことはない。
ただ、もし君が儲かったなら「魔法のバトン」のリレーをお願いするw



2017年9月24日日曜日

【ブログ3周年特別企画】3年間に手がけた銘柄たち

自身は住宅ローン一括完済のため、2005年から株式投資を始めた。
2013年末に元本引上げ、2014年に住宅ローンを一括完済した。
住宅ローン一括完済後、いつまでにいくら殖やす等の目標がなくなった。
よって、現在は実益を兼ねたマネーゲームとして、株式投資に取り組んでいるw

株式投資における基本的なスタンスは以下である。
・国内現物株の中長期保有
・倒産の可能性が低い社歴の長い東証上場高配当企業への集中投資
3周年を記念して、各年におけるYファンドの保有銘柄を書いてみるw

2014年9月23日時点の保有銘柄(評価額12,600,200円)※はタダ株
・仕手株 2,000株(※)
・8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 2,000株
・8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 200株(※)
・8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 20,000株(※)
・9101 日本郵船株式会社 5,000株
・9202 ANAホールディングス株式会社 4,000株

2015年9月23日時点の保有銘柄(評価額15,735,900円)
・仕手株 2,000株(※)
・8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 2,000株
・8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 200株(※)
・8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 20,000株(※)
・9101 日本郵船株式会社 10,000株

2016年9月23日時点の保有銘柄(評価額15,625,800円)
・仕手株 2,000株(※)
・8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 10,000株
・8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 200株(※)
・8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 20,000株(※)
・9101 日本郵船株式会社 20,000株

2017年9月23日時点の保有銘柄(評価額18,680,000円)
・仕手株 2,000株(※)
・8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 10,000株(※)
・8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 1,000株
・8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 20,000株(※)

株式だけをみると、年平均20%超で運用されていた。
だが上記には、保有株の配当や子どもファンド分は含まれていない。
また財産三分法でいう残り2つ、預貯金や不動産へのシフト分は含まれていない。
計算すればわかるのだろうが、ゲームにそこまで労力を費やす気にはなれないw

2017年9月23日土曜日

【ブログ3周年特別企画】記念すべき初投稿

3年前の2014年9月23日、本ブログをスタートした。
タイトルは、現在の副タイトル「Yの株日記」だった。
当初は株式投資の記録になればと考えていた。
ちなみに、記念すべき2014年9月23日の初投稿は以下であるw

--------------------------------------------------
株式(特定預り)合計
・評価額合計:12,600,200円
・評価損益合計:4,914,600円
・保有銘柄数:6
--------------------------------------------------

コメントも説明もなく、単なる記録のみだった。
当時、たまたま見た人は「何だ、このブログ」と思っただろう。
ブログ開始3周年なので、この3年の歩みを検証してみる。
だが、検証しても「何だ、このブログ」と思われるかもしれないw

2017年9月22日金曜日

【現在の株式評価額】20170922~子どもファンド強し~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:18,680,000円
・損益額合計:15,442,400円(損益率477%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,618,500円
・損益額合計:2,628,500円(損益率266%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドは評価額が減少したが、子どもファンドは最高額を更新した。
子どもファンドは1銘柄への集中投資で、自身が運用している。
やはり集中投資は分散投資より強いのだと実感している。
資産を順調に増やしてもらっている娘は、今夜も彼氏の家にお泊りであるw

2017年9月21日木曜日

【現在の株式評価額】20170921~進撃のバトン~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:18,842,000円
・損益額合計:15,604,400円(損益率482%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,597,000円
・損益額合計:2,607,000円(損益率263%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドと子どもファンド、ともに最高額を更新した。
今年、初めての買いを入れてから、株価は上昇を続けている。
株式投資を始めた頃は、自身が上手いのだと思っていた。
だが今は違う、外国人投資家たちが下手すぎるのかもしれないw

2017年9月20日水曜日

【エッセイ】見習いたくない会社員の話

先日、出張帰りの新幹線の車中で衝撃的な出来事があった。
途中駅から乗ってきた年配の会社員らしき男性が、自身の横の席に座った。
自身が寝ていると、なにやらカタカタと音がする。
目を明けてみると、横の会社員がノートPCに何かを打ち込んでいたw

見ないようにしようとしても、隣なので見えてしまう。
画面を見ると、どこかの会社に経歴を送ろうとしているようだった。
画面に入力された会社員の年齢を見た瞬間、衝撃を受けた。
思わず二度見してしまったほどの衝撃だったw

その会社員の年齢は、60代だったのである。
経歴の欄には、卒業大学から在職中の会社まで入力されていた。
20代や30代なら、卒業大学は必要だろう。
だが60代ともなれば、今までの仕事での実績をアピールすべきであるw

その会社員が60代でありながら、転職活動をしている理由はわからない。
おそらく、止むに止まれぬ事情があったのだろう。
だが、必要とされる人材であれば、経歴なんぞ送らなくても採用される。
60代での転職活動はある意味、凄いとは思うが、自身は見習いたいとは思わないw

2017年9月19日火曜日

【現在の株式評価額】20170919~祝!最高額更新!~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:18,705,000円
・損益額合計:15,467,400円(損益率478%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,544,500円
・損益額合計:2,554,500円(損益率258%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドと子どもファンド、ともに最高額を更新した。
Yファンドの今日1日の増加額は、1ヶ月の給与を上回った。
子どもファンドの今日1日の増加額は、娘の2ヶ月のバイト代に相当する。
株価上昇時の唯一のデメリットは、勤労意欲が失せることだw

2017年9月18日月曜日

【今後の戦略】同時期に8316㈱三井住友FGを買った方へ

最近、本ブログのPV数が増えている。
まさかとは思うが、自称プロトレーダーの方が訪れているのかもしれない。
先日、自身は8316㈱三井住友FGを買い増しした。
数少ない読者の中には、同時期に同じ銘柄を購入した方がいるかもしれないw

購入した方のために、これからの運用について具体的に書いてみる。
まず必要なことは、次の買い場に備えて資金を貯めることである。
10年チャートでは、リーマンショック後、6,000円から2,000円を推移している。
つまり株価の上限は6,000円、下限は2,000円までであることがわかるw

今回、同時期に買われた方の買値は4,000円付近だろう。
暴落相場が来なかった場合、株価は数年以内に6,000円近くになるだろう。
そのときには元本分の株だけ売り、タダ株を作るのである。
暴落相場が来て株価が2,000円台前半になれば、迷うことなく同数をナンピンだw

資金に余裕がある方は、購入額と同額で倍近い株数をナンピンするのもアリだ。
えっ、暴落したらナンピンするまでの間、含み損に耐えないといけないのかって。
確かに投資信託であれば、信託報酬手数料が必要なため、買った途端に含み損だ。
だが8316は配当があるため、損失を確定しない限りは含み益だよw

【コラム】偉大なる相場師に学ぶ貯蓄の秘訣

偉大なる相場師たちは、本業の傍ら株式投資をしていた。
福澤桃介氏は会社員、本多静六氏は公務員、是川銀蔵氏は実業家が本業だった。
彼らはわらしべ長者みたいに、株の短期売買の繰り返しで財を成してはいない。
本業で貯蓄した金を元に、株の長期投資により大きな財を成したのであるw

福澤桃介氏の著書「福澤桃介式」に下記の記述がある。
「貯蓄の秘訣は、収入の天引きにあることを忘れてはならない。
天引きするには、乱費を防ぎ予算の範囲内で暮らさなくてはならない」
自身も実践している福澤桃介氏の「乱費を防ぐ秘訣」について紹介してみるw

乱費を防ぐ第一の秘訣
直接必要な物以外は買わないようにする。
必要な物を買いに行った際に、割安だからと他の物を買ってはいけない。
最初、家を出るときに買おうと思った物以外は買わないこととしているw

乱費を防ぐ第ニの秘訣
物を小買いにする。
買いだめをしておくことは割安にあたるが、保存するには手間がかかる。
はずみで乱費に陥ることになり、結局はただの高いものになるw

乱費を防ぐ第三の秘訣
手もとにある金は銀行に預け入れ、引き出すのに苦痛を感じるようにする。
同時に自分の懐になるべく少ない金を入れておくことが必要である。
買いたいけれども、金がないから見合わせることになるw

乱費を防ぐ第四の秘訣
なるべく古い金を使うようにし、新しい金を使わない。
金は寝かせておけばおくほど、子に子を産む。
新しい金は株式投資等で増やすようにし、過去に投資した金から使うようにするw

乱費を防ぐ第五の秘訣
金を使う場合にその軽重、すなわち損得を考える。
用事があり外出したら雨が降ってきたが、傘を用意していなかった。
車に乗るか傘を買うかだが、後日の損得を考えると傘を買いなさいとしているw

乱費を防ぐ第六の秘訣
小さな金は非常に綿密なる注意を払って使うようにする。
人間というものは、大きな金を使うとなると、自ずと慎重になる。
毎日、使う小さな金にこそ注意しなければならないとしているw

自身の行動に照らし合わせてみると、以下になる。
収入毎に口座を分け、収入に伴う支出は自動引き落としにしている。
例えば、給与振込口座から、家賃、水道光熱費、通信費等を引き落とす。
賃貸マンションの家賃振込み口座から、管理費、固定資産税等を引き落としているw

今年、所有していたマンションをリフォームし、賃貸にした。
リフォーム費用は、昨年末に株を売って引き上げた元本の一部で支払った。
元本は数年前に株を購入し、運用していた費用だ。
正確な額は計算していないが、譲渡益と配当を合わせるとプラス運用であるw

自身は毎週ATMで3万円を引き出し、生活費にしている。
生活費の内訳は、食費、嗜好品、衣料品、交際費などである。
週3万円使い切ったとして、毎月の貯蓄は収入の4分の1(貯蓄率25%)になる。
だが週3万円は、屋形船などのイベントがあるときでないと使い切ることは難しいw

2017年9月17日日曜日

【コラム】貯蓄できない呆れた会社員の話

先日、ネットである会社員の記事を読んで、呆れ果てたので書いてみる。
会社員は都内在住40代独身、結婚歴はなく税込み年収は480万円だった。
悩みは、年収が低いため、生活が苦しく貯蓄ができない。
結婚しても養えないので、年収の高い会社への転職を考えているというものだったw

その会社員は借家住まいで車は所有しておらず、高級な趣味もない。
平均月収が480万円÷12ヶ月=40万円あるにも関わらず、貯蓄できないのである。
記事をよく読んだが、なぜ貯蓄できないのか読み解くことはできなかった。
だが、しばらくして、会社員が貯蓄できない理由がわかった気がしたw

生活が苦しいということは、収入と支出がほぼイコールである。
月収の税引き額が30万円とすると、支出も30万円ほどだと思われる。
月額30万円の支出なら、いくらでも見直す余地はある筈である。
にも関わらず、支出を見直そうとしないのは、貯蓄する気がないのであるw

このような思考の人には、どのような貯蓄方法も効果はない。
なぜなら、いくら収入が増えても、比例して支出も増えるからだ。
生活が苦しい状態が続くため、貯蓄はできないし結婚もできない。
仮に結婚できたとしても、生活は更に苦しくなるだけであるw

2017年9月16日土曜日

【エッセイ】人生には何が起こるかわからない

人生には何が起こるかわからない。
相場も同じで、予期していなかったことが往々にして起こる。
このたび、我が家に起こった予期せぬ事態について書いてみる。
ことの始まりは先月のことだったw

娘が彼氏の実家に遊びに行き、米を貰って帰ってきた。
我が家は来るものは拒まずなので、ありがたく使わせていただくことにした。
数日後、自身の親から株式投資のアドバイスを求める電話があった。
自身の最近の購入銘柄を伝えると「情報ありがとう」といわれたw

電話があった数日後、情報のお礼なのか、自身の親から米が届いた。
ちなみに自身の実家も米を育てている。
これで米を買わなくて済むと思っていたら、先日、娘の彼氏から娘へ宅急便が届いた。
新米ができたとのことで、またしても米が送られてきたw

送られてきた米は、来年の新米までに食べきることは不可能な量だ。
だが自身は無敗の相場師なので、今回の米相場も勝たなくてはならない。
よって、今までの朝は洋食だったが、これからは和食にすることにした。
しばらくの間、朝の洋食とはお別れなので、記念に朝の洋食画像を残しておくw

2017年9月14日木曜日

【コラム】資本家への道~借りる側から貸す側へ~

自身が株式投資を始めた目的は、住宅ローンの一括返済だった。
借り入れ時は、住宅ローンは繰上げ返済して完済しましょうといわれていた。
自身も過去に一度だけ、繰上げ返済をしようとしたことがある。
だが借り入れしていた銀行に手数料が必要だといわれ、繰上げ返済を止めたw

月々数万円、賞与時には数十万円の返済を続けた。
信じられないかもしれないが、借り換えもしなかったので金利は数%のままだった。
やがてメガバンク株の配当利回りが、住宅ローンの金利を上回っていることを知った。
貯蓄して一定額が貯まると、メガバンクの株を買い続けたw

配当を生活費に充てることで、貯蓄スピードが増加した。
50万円単位での買いが、いつしか100万円単位での買いになっていった。
気がつくと、投資額(元本)が住宅ローンの残債を上回っていた。
2013年末、元本引上げの売りを敢行、翌2014年に住宅ローンを一括完済したw

株主になるということは、金を貸すということである。
現在、我が家が保有しているメガバンク株の定価(BPS)は3000万円を超える。
今や、金を借りる側から貸す側へと、立場は逆転した。
自身はこれからもメガバンクへの貸付額(保有株数)を増やし続ける所存だw

2017年9月13日水曜日

【現在の株式評価額】20170913~最高額更新~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:18,094,000円
・損益額合計:14,856,400円(損益率459%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,413,000円
・損益額合計:2,423,000円(損益率245%)
・保有銘柄数:1銘柄

Yファンドと子どもファンドともに最高額を更新した。
ようやくメガバンク株の割安に気づいた外国人投資家達が買いに来たようだ。
毎年のことながら、本当に彼らは下手だなと思う。
彼らには「Buy low,Sell high(安く買って高く売れ)」を教えてあげたいw

2017年9月12日火曜日

【現在の株式評価額】20170912~いつか娘に託すもの~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:17,925,000円
・損益額合計:14,687,400円(損益率454%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,362,500円
・損益額合計:2,372,500円(損益率240%)
・保有銘柄数:1銘柄

確認すると、子どもファンドの評価額が増えていた。
子どもファンドは、8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループへの集中投資だ。
現在の保有株数は5,000株で、8306の現在の定価(BPS)は1137.78円である。
娘は5,000株×1137.78円=5,688,900円分の資産を保有していることになるw

娘は医療系の私立大学に通っており、年間の学費は150万円ほどになる。
娘は大学へ行かせてもらいながら、自身に資産を増やしてもらっている。
娘は自分名義の株があるのは知っているが、運用を覚える気はさらさらない。
だが、いつか娘が魔法のバトンを受け取ってくれる日が来ると思っているw

2017年9月10日日曜日

【コラム】8316㈱三井住友FGを買い増しした理由

偉大なる相場師の1人に、福澤桃介氏がいる。
彼の著書「福澤桃介式」には下記の言葉がある。
「預金利子を標準として売買し、理屈外に相場が上がって
世の中が馬鹿騒ぎをしているときには決して手を出さないこと」w

例えば、8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ。
定期預金の金利は0.01%だが、現在の配当利回りは400倍の4%である。
自身は2011年に、8316を平均取得単価2,400円ほどで500株購入した。
この年は東日本大震災により相場は低迷しており、数回に分けて購入したw


2013年末、軽減税率終了の買戻しの中、株価は5,400円以上になり最高値をつけた。
自身は最高値で元本引上げの売りを敢行、300株を売り200株をタダ株にした。
先日、再び参戦、800株を買い増しし、計1,000株に増やした。
現在、自身名義と娘名義で保有するメガバンク株と配当は以下であるw

・8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 15,000株 配当270,000円
・8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ 1,000株 配当160,000円
・8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ 20,000株 配当150,000円
今の低金利時代、自身にはメガバンク株を買わない理由が見当たらないw

2017年9月9日土曜日

【コラム】証券会社の呆れた資料

先日、ある企業の社員持株会資料を見る機会があった。
その企業は誰もが知っている有名企業である。
その企業の社員持株会では、拠出金額に対して会社が6%補助してくれるらしい。
資料にあるリターン説明を見て呆れ果てたw

リターンの説明は以下のような内容である。
「会社の補助が6%あり配当利回りが平均2%なので、年間8%での運用になります。
毎月1万円拠出するだけで、40年後には3000万円以上の資産になります」
賢明な読者の方は、どこがおかしいかお分かりだろうw

正確にいうならば、以下になる。
「配当利回りが平均2%なので、年間2%での運用になります。
会社の補助が6%なので、毎月1万円拠出すれば毎月600円が会社から補助されます。
40年後には、拠出額480万円が700万円以上になります」w

しかも、このリターンには物価上昇や株価下落のリスクが織り込まれていない。
40年後、物価が上昇していなくても、株価が下落していればマイナスである。
資料を作成したのは、運用する証券会社らしい。
証券会社は運用額を増やしたいがために、いい加減な資料を作成したのだろうw

2017年9月7日木曜日

【にほん株ばなし】みずほの恩返し

むかしむかし、「にっけいへいきん」が1万円以下のときじゃった。
あるところに1人の「そうばしみならい」の男がおったそうな。
ある日のこと、男は山道で「みずほ」という株が放置されているのを見つけた。
放置をかわいそうに思った男は、「みずほ」を持って帰り大事に育てることにした。

何年かのち、「みずほ」は大きく育っていた。
男は「みずほ」を全部、売るか迷ったが、結局は元本分しか売らんかった。
残った「みずほ」は、すくすくと成長した。
「みずほ」は毎年、同じ時期になると、男に「はいとー」をもたらしてくれた。

ある日のこと、男はある会社にだまされそうになった。
大事な大事な「こじんじょーほー」を、だましとられるところだった。
男がその会社の「ほーむぺーじ」を確認すると、なんと取引先は「みずほ」だった。
男はダメもとで「みずほ」へその会社との取引を見直して欲しいとたのんだ。

しばらくして、男はその会社の「ほーむぺーじ」を確認してみることにした。
すると驚いたことに、その会社の「ほーむぺーじ」はなくなっていた。
男は「みずほ」の恩返しだと思い、子や孫に語り伝えたそうな。
めでたし、めでたしw

2017年9月6日水曜日

【エッセイ】格差社会を感じた話

自身は今年の4月から、家賃10万円超えのタワーマンションに住んでいる。
引越しにあたり、ほとんどの家電品は新しく買い替えた。
タワーマンションは今まで住んでいたところよりも広く、見晴らしもよい。
最近、気づいたことがあるので書いてみるw

近くで花火大会があると、多くの人がタワーマンションにやってくる。
理由はタワーマンションに住む知人宅から、花火大会を鑑賞するためである。
自身の住居は角部屋なので、複数の花火大会を鑑賞することができた。
人の多い会場へ出向かなくても、自宅に居ながら花火を鑑賞できるメリットは大きいw

先日は老朽化した設備を交換する工事があった。
持ち家であれば自己負担だが、賃貸なので借主の負担は0円である。
タワーマンションは防災拠点にもなっており、24時間体制で管理されている。
つまり、24時間警備員が常駐してくれているようなものであるw

生活レベルが上がり支出は増えたが、支出以上の見返りを受けているのである。
支出が増えても支出以上の見返りがあるため、金持ちはより豊かになる。
ちなみに我が家では水道光熱費が大幅に下がった。
理由は省エネ家電に買い替えたことと、娘が夜遊びで忙しく不在が多いからであるw

2017年9月5日火曜日

【エッセイ】親が典型的な負け組投資家だった話

自身の親の投資歴は、自身より長く数十年になる。
たまに自身に電話があると、株式投資のアドバイスを求めてくる。
自身がいうのもなんだが、自身の親は株式投資で大きく儲けてはいない。
なぜ自身の親が大きく儲けることができなかったのか書いてみるw

1.保有銘柄が多い
自身の親は、証券会社に勧められた株を10銘柄ちかく保有している。
しかも1銘柄当たりの投資額が100万円に満たない投資先が多い。
リスクを分散させているつもりだろうが、単にリスクを増やしているだけである。
事実、効果的な資金投入(ナンピン)ができないため、大半の銘柄は含み損であるw

2.やたらと利益(損失)を確定する
自身の親は、株価が騰がれば、全て売っている。
また株価が下がって、長期に騰がる見込がないとみたら損切りする。
毎回、全て売って精算していれば、配当による複利効果を得ることはできない。
しかも損切りすれば、マイナスの複利効果が生まれることになるw

3.他人の情報を鵜呑みにする
自身の親は、証券会社に勧められた株や投資信託を購入していた。
それらの銘柄の大半は、含み損の塩漬け状態である。
株はまだしも、よく見知らぬ相手が運用する投資信託を買えるものである。
将来、誰かに騙されなければいいがと心配しているw

そんな親だが、ようやく真の株式投資がわかってきたようだ。
現在の親の主力株は8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループらしい。
先日、聞くと、子どもファンドと同じ5,000株まで買い増ししていた。
少しは利口になったようだが、自身が保有する10,000株には及ばないw

2017年9月4日月曜日

【コラム】人の行く裏に道あり花の山

あまり時事ネタは書きたくないのだが、的外れな報道が多いので書いてみる。
1つは米国の大統領に関する報道。
「人種差別団体も、攻撃する側も悪い」との発言が物議をかもしている。
マスコミいわく、人種差別団体を擁護しているらしいw

人種差別はよくないが、だからといって暴力で解決するのはおかしい。
大統領の発言は、まさしく喧嘩両成敗の正論をいっているのである。
大統領は資産家であるが故に、一部の人々から嫌われている。
一部の人々が嫌う理由は、大統領が羨ましいという妬みからくるものであるw

もう1つは、近隣国のミサイル発射や核実験。
いつ戦争になるかと心配している連中が多くいる。
だが考えてもみたまえ、あの国は戦争を起こしても何のメリットもない。
なら、なぜミサイル発射や核実験を強行するのかw

答えは簡単で儲けるためだ、今、あの国は相場を意のままに動かすことができる。
ミサイルを発射すれば相場は下がる、そこで仕込めばボロ儲けでき、国は豊かになる。
今の時代は武力ではなく銭の戦争、まさしくマネーウォーズの時代なのである。
「人の行く裏に道あり花の山」、以前にも書いたが他国間の争いは買いだよw

くれぐれも投資は自己責任でお願いしますw

2017年8月31日木曜日

【質問への回答】メガバンク株をこの時期に買う理由

ブログのPV数がいつもより増えていた。
株銀さんのブログ「アベノミクスの上昇相場の大天井は、いつか?」を確認した。
拝見すると、今回の自身の買いが紹介されていた。
株銀さんには自身のような私的なブログを取り上げていただき、感謝している。

株銀さんから、なぜ、この時期にメガバンク株の買いを入れたのか、質問があった。
せっかくの株銀さんからの質問なので、お答えいたします。
答えは、メガバンク株は、毎年、夏に底を打つからです。
事実、子どもファンドでは毎年、夏に8306を買っていますw

現在、東京証券取引所の取引の半数以上を外国人投資家が占めています。
彼らは夏場は長期休暇を取るため、出来高が減少します。
出来高が減少すれば、相場は些細なことに大きく反応します。
根拠のない売りが売りを呼び、株価が高配当水準まで下がりますw

下図は8306の5年チャートですが、毎年、夏に底を打っていることがわかります。
しかしながら、夏に買っただけでは、利益を得ることはできません。
昨年のような相場では、効果的な投資手法を駆使することが必要になります。
効果的な投資手法とは、株銀さんにも紹介いただいている無限ナンピンですw

2017年8月30日水曜日

【現在の株式評価額】20170830~2017年仕込み完了~

Yファンド株式(特定預り)
・取得額合計:3,237,600円
・評価額合計:17,983,000円
・損益額合計:14,745,400円(損益率455%)
・保有銘柄数:4銘柄

子どもファンド株式(特定預り)
・取得額合計:990,000円
・評価額合計:3,302,500円
・損益額合計:2,312,500円(損益率234%)
・保有銘柄数:1銘柄

本日、以前から狙っていた株の買い増しに成功した。
買い増しした株は、8316 ㈱三井住友フィナンシャルグループ800株。
8316のタダ株200株を保有していたので、8316の保有は1,000株となった。
これで8316からの年間配当は160,000円になるw

これにて2017年の仕込みは完了である。
今回の買いは、かなり早い時期から計画していた。
なぜ、他の保有株を買い増しせず、8316を買い増ししたのか。
今回の投資手法については、後日、あらためて解説したいと考えているw

2017年8月29日火曜日

【エッセイ】明日の予告を教えてやる

勘違いするな。
自身は自身の為にやっているわけじゃない。
増え続ける税金、減り続ける年金。
金融機関に金を預けても、利息は微々たるものだ。

何がしたいかって?
まあ、黙って見てろよ。
明日の予告を教えてやる。
明日、以前から狙っていた株に買いを入れてやるw

買いを入れるにあたって、自身のテーマ曲を作った。
曲は公開中の海賊が主人公の映画のBGMだ。
歌詞を知らないので、自身が日本語の歌詞をつけた。
日本で海といえば、奴らしかいないw

「パイ○ーツオブカリビ○ン」 作詞:Y
♪タラちゃん、カツオ、ワカメ、サザエ♪
♪波平、マスオ、フネ~にタマ♪(以下、繰り返し)
海に関係ない奴もいるがまあいい、明日は買いを決めてやるw

2017年8月28日月曜日

【エッセイ】証券会社からのお礼メールに思うこと

自身は普段は証券会社の取引口座には、資金を寝かせていない。
株を購入するときに、取引口座へ資金を移動するようにしている。
先日から自身の取引口座への資金移動を行なっていた。
窓口へ行く時間がないので、もっぱらATMを使った資金移動であるw

証券会社から入金お礼のメールが届いた。
どうやら証券会社にはお礼メールを発信する基準があるようである。
自身の経験からいうと、1日100万円超えの入金をするとお礼メールを発信するようだ。
事実、1日100万円ではメールは来ないが、200万円だとお礼メールが届くw

証券会社にとっては、1日100万円の入金なんぞ珍しくはないのだろう。
では、取引口座からの出金はどうか。
自身の経験からいうと、1日500万円の出金では何もない。
だが1日1000万円の出金をすると、証券会社から電話がかかってくるw

さて、ようやく自身の取引口座への資金移動が完了した。
狙いの株は決めており、すでに射程圏内に入っている。
だが「買いは3日待て」という相場格言がある。
買いを待ってから今日で2日目、明日の値動きを見てから買いを入れてやるw

2017年8月27日日曜日

【特別企画】無敗の相場師による夏期講習~最終目~

こんばんわ。
あっ、日本は夜じゃないので、こんにちわですね。
無敗の相場師、ロイヤルストレートフラッシュの「A」です。
Webカメラの調子はどうですか、大丈夫そうですね。

株式投資にとって大事なことですか。
そうですね、やはり世の中の本質を理解することでしょうか。
資本主義では、資本家と労働者しかいません。
つまり搾取する側と搾取される側で、労働者でいる限り搾取され続けるだけです。

ですが株主になることで、搾取する立場の人間になることができます。
では株主にとって大切なことは何か。
株主は保有する株数に応じて、議決権が与えられます。
つまり保有する株数を増やすことが、資本家への王道なのです。

株価が騰がったら、全て売っているようでは資本家にはなれません。
売るのであれば元本分の株のみを売ることです。
そして株価が下がれば、再度、買うことを繰り返すのです。
このサイクルを繰り返すことで、保有株数を増やすことができます。

このことを教えてくれたのは、カメラの向こうにいるあなたですよね。
無敗の相場師、ロイヤルストレートフラッシュの「J」さん。
本業は、イニシャル「YJ」の会社員。
プライベートでは、あるブログの管理人。

ブログ読んでいますよ、「魔法のバトン(Yの株日記)」
先日、今年になってから初めての買いを入れていましたね。
ですが昨年末に引き上げた元本には遠く及ばない小額の買いでしたね。
本格的な買いは、いつ入れるんですか。

2017年8月26日土曜日

【特別企画】無敗の相場師による夏期講習~3日目~

待たせたな、無敗の相場師、ロイヤルストレートフラッシュの「K」だ。
で、貴様は誰だ、無敗の相場師による夏期講習事務局だと。
無敗の相場師による夏期講習とはくだらんことを考えたな。
何が聞きたい、遠慮なく聞くがいい。

株式投資で最も大切なことは何かだと。
決まっておる、己が最も偉いと思うことだ。
だがな、その前に忘れてはならないことがある。
それは、なぜ株式投資をするかということだ。

株式投資は資産運用の道具に過ぎん。
何のために資産運用をするのか、目的があるかないかは重要だ。
ただ単に儲けたいだけでは、資産を増やすことはできん。
先ずは明確な目標を持つことこそが、株式投資にとっては重要だ。

あなたの目標は何かだと。
その質問をしたのは、貴様が初めてだ。
いいだろう、教えてやる。
成功したいからに決まっておる。

限られた人生の中で、美味いものを食い、とびきりの女を抱く。
ワシが考える成功とは、好きなときに美味いものを食い、とびきりの女を抱くことだ。
だが、美味いものを食い、とびきりの女を抱くには金がかかる。
よって、最後の相場師に弟子入りし、後を継ぐ相場師になった訳だ。

元来、相場というのは面白くてな。
「銘柄を明かさない理由R」にも出てくるが、ブラックマンデーを知っているか。
なに、ブラックマンデーはいいので、「A」の連絡先を教えろだと。
よかろう、これも何かの縁だ、「A」の連絡先を教えてやる。

2017年8月25日金曜日

【子どもファンド】株式購入終了に関するお知らせ

子どもファンドの運用を担当しているYです。
子どもファンドの株式購入が終了したので、お知らせいたします。

(1) 購入した株式の種類 (コード番号8306)三菱UFJフィナンシャル・グループ
(2) 購入した株式の総数 1,500株(※上限1,500株)
(3) 購入価格の総額 990,000円(※上限1,000,000円)
(4) 購入期間 平成29年8月25日
(5) 購入方法 市場買付け

(ご参考) 平成29年8月25日時点の三菱UFJフィナンシャル・グループ株の保有
 保有株式数 5,000株(内3,500株はタダ株w)
 2017年9月中間配当(予想) 45,000円
以上w

2017年8月24日木曜日

【子どもファンド】明日の予告を教えてやる

勘違いするな。
自身は自身の為にやっているわけじゃない。
増え続ける税金、減り続ける年金。
金融機関に金を預けても、利息は微々たるものだ。

何がしたいかって?
まあ、黙って見てろよ。
明日の予告を教えてやる。
明日、子どもファンドの買いを入れてやるw

買いを入れるのは、8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループだ。
100万円で1,500株を購入する。
自身は昨年末から、8306の口座に金を預けていた。
ところが、ついた利息は数円というふざけた企業だw

子どもファンドはすでに8306のタダ株を3,500株保有している。
今回の買いで、配当利回りは100%から9%に低下する。
だが株を買うということは、金を貸すということだ。
8306よ、株主である娘のために利息をはるかに上回る利益を還元するがいいw

2017年8月23日水曜日

【特別企画】無敗の相場師による夏期講習~2日目~

無敗の相場師、ロイヤルストレートフラッシュの「Q」、無敗のクイーンだ。
2日目の講義を担当させてもらう。
確認だが、この中に投資信託が株式投資だと思っている奴はいないだろうな。
株と投資信託の区別がつかない奴は、とっととお帰りいただきたい。

株式投資で無敗を続けるのは簡単だ。
なぜなら、勝ち続けるだけでよいからだ。
ただし勝ち続けるのであれば、効率よく勝ち続けなくてはならない。
時間をかけて勝ち続けることは、その気になれば誰にでもできる。

初心者が勝ち続けることができる最も効率がよい方法を教えてやる。
答えは簡単だ、当たり屋につけばいい。
「J」や「A」のような無敗の個人投資家と、同じ時期に同じ売買をするだけだ。
奴らが買うときに買い、売るときに売るだけで簡単に勝ち続けることができる。

無敗の個人投資家の中には、驚くべき投資手法を駆使する者がいる。
例えば、「J」が得意とする無限ナンピン。
無限ナンピンは株価が半値になる度、最初に購入した同数の株を買い増す手法だ。
当初の購入額と同額の資金があれば、まさしく無限にナンピンができる投資手法だ。

あと「A」が得意とする元本引上げによるタダ株作りも効果的だ。。
株価が騰がったら元本分の株のみ売って、残りをタダ株にする投資手法だ。
タダ株は利益確定していないため、保有している限り利益を得続けることができる。
奴らは凄い、だが奴らの売買を利用しているわたしの方が遥かに効率がよいのだよ。

そうそう、今回の講習を企画した事務局の連中に伝言がある。
無敗のキングこと、「K」からの伝言だ。
話が聞きたければ、そちらが出向いて来いとのことだ。
頑固ジジイの「K」のことだ、おおかた話し相手が欲しいんだろうよ。

2017年8月22日火曜日

【特別企画】無敗の相場師による夏期講習~1日目~

どうしよう、うまく話せるかしら。
はぁ~、お見合いのときより緊張するわ。
そうだ、手のひらに「人」って書いて呑めば・・・。
えっ、もう始まっているんですか。

み、みなさん、はじめまして。
「銘柄を明かさない理由R」をお読みいただき、ありがとうございます。
無敗の相場師、ロイヤルストレートフラッシュで「10」を担当しているテンです。
ちなみに天然だからテンだそうです・・・ホント、失礼よね。

今回、株式投資について講義をすることになりました。
正直いって、株って簡単ですよ。
わたしがはまっているゲームなんかより、よっぽど簡単です。
だって、株って安く買って高く売るだけなんだもん。

いつもは相場って値動きが少ないの。
でも些細なことがきっかけで、面白いように動くときがあるの、今みたいにね。
そのときに安く買って高く売るだけ。
相場が動くときはリーダーがいつも教えてくれるの、えっ、リーダーって誰かって。

わたしの上司で、アルカディアを作ってくれた無敗のクイーン「Q」よ。
もう一つ、大事なことをお伝えするわね。
無敗のクイーンがいつもいってくれる「自分が世界で一番、偉いと思え」よ。
どれだけ、この言葉に勇気づけられたかわからないわ。

「安く買って高く売る」
「自分が世界で一番、偉いと思え」
この2つは必ず覚えてね。
じゃ、わたしの講義はこれで終わりにしますね。

2017年8月21日月曜日

【エッセイ】子どもファンド1年ぶりの入金に思うこと

子どもファンドの取引口座に入金した。
前回の入金は、昨年の7月だったので約1年ぶりの入金となる。
子どもファンドは1銘柄への集中投資だ。
税金の問題もあり、毎年100万円ずつ投資しているw

ウォール街の相場格言に「Plan your trade,Trade your plan」がある。
直訳すると、「トレードをプランせよ、プランをトレードせよ」
株取引において、計画を立案することは重要である。
ところが、計画を立案せずに株取引をする連中は非常に多いw

彼らは日々のバッドニュースやグッドニュースに振り回されている。
彼らにとって、株はFXや仮想通貨と同じ売り買いのツールでしかない。
じゃあ、投資信託はどうなんだって。
投資信託は自分でプランできないので、最初から論外だw

子どもファンドの現在の株は全てタダ株である。
評価額だけで見た場合、買い増しすると利益が減ったように思う。
だが株数で見た場合、タダ株はタダなので100%の利益である。
つまり買い増ししても、損失を確定しない限り、常に含み益の状態なのであるw

2017年8月20日日曜日

【エッセイ】子どもファンドが年間100万円の理由

娘が大学生になってから、小遣いは与えていない。
娘はバイトで服や化粧品、遊び代を稼いでいる。
当然ながら、娘への小遣い分が貯まる。
よって、娘名義の取引口座を開設、小遣い相当額で株を購入しているw

子どもファンドと名づけ、毎年、相場の底で100万円で株を購入している。
8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ、1銘柄への集中投資である。
現在まで購入した株は3,500株。
娘が手にする配当は3,500株×18円=63,000円と結構な額になっているw

子どもファンドに、年間100万円しか追加しないのには理由がある。
賢明な読者の方はおわかりだろう。
本来は娘が稼いだ額なのだが、税務署から見ると生前贈与になる。
よって、税金のかからない年間100万円以内で抑えているのであるw

今年の相場の底は近い。
3年目の今年の買いで、3,500株を5,000株にする。
娘が手にする配当は5,000株×18円=90,000円になる。
娘の卒業時には総投資額は400万円、娘が手にする年間配当は10万円を超える予定だw

2017年8月17日木曜日

【エッセイ】同じ仕手株をお持ちの方へ

自身が最も長く保有しているタダ株は仕手株である。
以前に銘柄のヒントを出したことがあるので、お持ちの読者の方もいるかもしれない。
お持ちの方に警告する、値動きにつられて買い増しをしてはならない。
なぜなら、すでに高値圏にあるからだw

株の指標であるPBRは1倍になろうとしており、配当利回りは1%台に低下した。
とてもじゃないが、割安株といえる水準ではない。
今の局面で買い増しをすれば、間違いなく高値掴みになる。
これからの局面、元本引上げの売りはあっても買いはなしだw

仕手株が動意づいたときはわかりやすい。
相場の動きに関係なく、騰がり続けるのである。
事実、最近になって出来高を伴いながら騰がりつづけている。
数年前、自身は買値の3倍になったところで、元本分を引き上げタダ株にしているw

どれだけ騰がったら、元本分を引き上げる売りをするか。
まさしく今、君は相場に試されているのである。
えっ、お前はどうするんだって。
タダ株なので売る必要はないが、過去最高値になれば売り抜けるかもしれないw

2017年8月16日水曜日

【予告編】魔法のバトン~ダイヤモンドは誰もくれない~

The market is driven by fear and greed
市場は恐怖と欲望によって動かされる
~ウォール街の相場格言~

ある外資系証券会社にて
「な、何だと、無敗の相場師Yが動いただと」
「ま、間違いありません、Yがブログで買いを予告しました」
「買う株を事前に予告するとはな、Yが買えば売り叩いてやれ」
「かしこまりました」

あるメガバンクにて
「Yが取引口座へ資金移動しました、しかも我がグループの株を買うと予告しています」
「Yは我がグループの株でそんなに儲けてはいないはずだ」
「そ、それが・・・」
「何い、当行がYに融資した住宅ローン以上の儲けを出しているだと」

都内某所にて
「相場が大きく動こうとしています」
「なぜ、相場が大きく動こうとしておる」
「平家の末裔である無敗の相場師Yが買いを予告したからです」
「いよいよ平家が表舞台に出る日が来たか、Yの買いに続くぞ」

2018年新春公開「魔法のバトン~ダイヤモンドは誰もくれない~」
君よ、相場の世界を体感せよ。

-------------------------------------------------
もちろん全てフィクションだ。
我ながら、とてもヒマだと思うw

2017年8月15日火曜日

【子どもファンド】株式購入のお知らせ

子どもファンドの運用を担当しているYです。
子どもファンドが株式購入を決定したので、お知らせいたします。

1.株式の購入を行う理由
 出資者への配当増額のため。

2.購入に関わる事項の内容
 (1) 購入する株式の種類 (コード番号8306)三菱UFJフィナンシャル・グループ
 (2) 購入する株式の総数 1,500株(上限)
 (3) 購入価格の総額 1,000,000円(上限)
 (4) 購入期間 平成29年8月25日~平成29年9月25日
 (5) 購入方法 市場買付け

(ご参考) 平成29年8月15日時点の三菱UFJフィナンシャル・グループ株の保有
 保有株式数 3,500株(←タダ株w)

2017年8月14日月曜日

【エッセイ】夜の公園で逆ナンされた話

自身は喫煙をたしなむ。
喫煙する際は、近くの公園でたしなむようにしている。
先日、自身が喫煙する時間帯にいつも同じ女性がいることに気づいた。
女性も毎晩、公園で喫煙しているのだが、徐々に自身の方へ近づいてきていたw

先日のこと、喫煙を終えてマンションに戻ろうとすると女性から声をかけられた。
振り向くと、女性が近寄ってきて煙草をくれた。
聞くと、女性は近くのマンションに親子2人で暮らしているらしい。
自身のことを聞かれたので、自身も娘と2人暮らしだと答えておいたw

その後、お互いのことを一通り話した。
自身はモテルタイプではないし、しかも大学生の娘がいるオジサンである。
だが、相手が好意を持っているかいないかくらいはわかるつもりだ。
前回、逆ナンされたのは、数年前に搭乗した国内線のCAだったw

まさか、この歳になって、逆ナンされるとは思わなかった。
えっ、逆ナンされた相手とはどうなるんだって。
今回、女性の出身地を聞くだけで、10分以上かかった。
女性が話す外国語を覚える気はないので、交際に発展することはないだろうw

2017年8月13日日曜日

【コラム】株式投資初心者が最も陥りやすいこと

自身は住宅ローン一括完済のため、2005年から株式投資による資産運用を始めた。
2014年に住宅ローンを一括完済、完済後も順調に資産が増え続けている。
今年の夏から、株式投資を始める方もいるかもしれない。
自身の経験を踏まえ、株式投資初心者が最も陥りやすいことについて書いてみるw

最も陥りやすいことは、株価が騰がったら利益確定しようと売ることだ。
事実、株価が騰がったら利益確定しようと売る個人投資家は多い。
株式投資には譲渡益(キャピタルゲイン)と配当(インカムゲイン)がある。
利益確定の売りでは、譲渡益(キャピタルゲイン)しか得ることはできないw

では、株価が騰がったら、どうすればよいか。
答えは簡単で、元本分の株だけ売って利益を確定しなければよい。
100円の株が3,000株あったとする、株価が150円になれば2,000株売ればよい。
すると1,000株のタダ株ができ、配当(インカムゲイン)を得続けることができるw

株式投資では配当を得続けることができるタダ株を増やさなくてはならない。
株式投資で資産を増やす黄金のサイクルは以下だ。
株を買う→タダ株を作る→配当が入る→金が貯まる→株を買う・・・
黄金のサイクルに、配当を得続けることができるタダ株は欠かせないのであるw

2017年8月12日土曜日

【エッセイ】2017年子どもファンド方針発表

こちらは2017年子どもファンド方針発表の会場です。
まもなく、2017年子どもファンド方針発表が始まろうとしています。
子どもファンドは、無敗のファンドマネージャーY氏が運用するファンドです。
娘の資産運用のために、Y氏が毎年100万円ずつ追加投資し運用しています。

現在までの運用実績について、あらためて振り返ってみたいと思います。
2015年に8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループを1,300株購入、運用を開始。
2016年には ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ 2,200株を買い増し。
同年末には別銘柄を売り元本引上げ、3,500株全てタダ株にしています。

運用開始から3年目となる2017年はどのような運用を行なうのでしょうか。
ああーっと、今、ゴールドのド派手なスーツを着たY氏が現れました。
お聞きください、会場内は盛大な拍手と歓声で包まれています。
Y氏が片手を挙げると、会場内は水を打ったように静かになりました。

会場内を見回したY氏、おもむろにスクリーンを指差しました。
スクリーンにスライドが映し出されました・・・えっ・・・。
「㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ買い増し」
ま、まさかの㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ買い増しだーっ!

一体、誰が今年の運用方針がタダ株の買い増しだと予想していたでしょうか。
ああーっと、Y氏が再びスクリーンを指差しました。
スライドが切り替わり、そこに書いてあるのは・・・。
「投資は自己責任でw」

2017年8月11日金曜日

【コラム】恐怖が動かす相場が始まる

ウォール街の相場格言に「The market is driven by fear and greed」がある。
直訳すると、市場は恐怖と欲望によって動かされる。
この相場格言から、相場を動かすのは経済指標や企業業績ではないことがわかる。
相場を動かすのは、まさしく人々の恐怖と欲望なのであるw

例えば、リーマンショックで国内相場は暴落した。
リーマンショックは米国のバブル崩壊が発端だった。
当たり前だが、日本経済への実質的な影響は微々たるものだった。
にも関わらず、投資家の恐怖により国内相場は暴落したのであるw

今年に入ってから、相場は欲望によって動いてきた。
ところが最近の世界情勢から、相場は恐怖によって動き始めている。
愚かな外国人投資家たちが、ようやく高値掴みしたことに気づいたのである。
他国間の争いが日本経済へ与える影響はマイナスではなく、むしろプラスだw

歴史が証明しているが、他国間の争いにより下落した相場は買いだ。
買わずに資金を貯めてきた数少ない賢明なる読者の方々、準備はいいかな。
以前から予告してきた今年の相場の底は近い。
愚かな外国人投資家たちが手放す株を、底値で買いとってやろうじゃないかw

2017年8月10日木曜日

【コラム】建築士視点での持ち家が得か賃貸が得か

持ち家が得か賃貸が得かというテーマについて、建築士の視点で書いてみる。
自身は所有するマンションを賃貸にし、賃貸のタワーマンションに住んでいる。
持ち家を所有し賃貸暮らしをしている稀なケースかもしれない。
また貸主と借主の双方のメリット、デメリットがわかる立場でもあるw

結論からいうと、持ち家か賃貸かは住まい手の価値観で決めればよい。
持ち家に住みたければ持ち家に、賃貸に住みたければ賃貸に住めばよい。
ただし、金銭的なメリットを考えるなら賃貸だ。
例えば「家賃並みの返済で、マイホームを手に入れることができます」があるw

このセールストークには、持ち家を手に入れたらかかる固定資産税等は入っていない。
また経年劣化に伴うメンテナンス費用も考慮されていない。
例えば、UR賃貸物件での内装の償却年数は6年らしい。
6年経過物件に住み替えることで、リフォーム済の賃貸物件に住むことができるw

持ち家で6年毎に内装をやり替える人は滅多にいないだろう。
なぜなら月々の返済と固定資産税等の支払いで、そこまで手が回らないからだ。
先ほどのセールストークを正しくいうと下記になる。
「家賃並みの返済では、同じグレードのマイホームを手に入れることはできませんよ」w

2017年8月8日火曜日

【エッセイ】毎月10万円超の不労所得に思うこと

自身は2014年に住宅ローンを一括完済した。
住宅ローンの一括完済後、自身の資産は大幅に減った。
先日、現在の資産を確認した。
すると、住宅ローン一括完済前の資産額まで回復していたw

一括完済後、娘が医療系の大学に入学、年間150万円ほどの学費を払っている。
娘が二十歳になってからは、国民年金を支払っている。
先日は娘が免許を取りたいというので、自動車教習所に30万円ほど支払った。
あと所有するマンションを150万円ほどかけて、リフォームし賃貸物件にしたw

なぜ、3年間で住宅ローン一括完済前の資産額まで回復したのか。
月々の収支を細かく計算すればわかるのだろうが、面倒なので止めた。
考えてみれば当たり前で、自身には給与口座と家賃口座がある。
これらの口座は毎月の収入が支出を上回っているため、プラスで増え続けるのであるw

あと自身には保有するタダ株の配当がある。
計算すると家賃と配当だけで、毎月10万円超の不労所得があることがわかった。
前回は貯めた資金を、住宅ローンの一括完済に充てた。
再び資金ができたが住宅ローンは残っていない、よって株に使うことはいうまでもないw

2017年8月2日水曜日

【エッセイ】嫁の両親を断捨離した話

「断捨離」という言葉がある。
不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想らしい。
自身は今年の4月にタワマンに引越した。
引越しにあたって、多くの「断捨離」を行なったw

家電品や家具を「断捨離」したのはいうまでもない。
最も大きな「断捨離」は義父母、すなわち嫁の両親だ。
自身は嫁が病気になってから、娘と2人暮らしをしている。
娘との2人暮らしは10年以上になるw

10年以上、別居していれば、いつでも別れることはできるらしい。
自身が別れないのは、別れる理由が見当たらないからである。
嫁がザルだと分かってから、正直いって愛情はないが、憎しみもない。
資産運用の大切さに気づかせてくれてありがとう、と感謝したいほどであるw

だが義父母は、自身が別れないのは愛情があるからだと思っているようだ。
そのせいか知らないが、やたらと自身に経済的援助を求めてくる。
引越しにあたって、義父母には縁を切ると告げた。
金に卑しい義父母より、ザルだった嫁の方がまだマシであるw

2017年7月31日月曜日

【コラム】相場師が好きじゃない人々

偉大なる相場師の1人に、福澤桃介氏がいる。
彼こそは相場界の異端児、後に「黄金の化身」と称された。
彼の著書「福澤桃介式」での、彼の主張の1つは以下だ。
慈善無用、義援一切せずという方針で、まずは金を貯めるということを心がけよw

これだけ読むと、彼は金を出さないケチだと思われるかもしれない。
ところが彼は友人が窮地に陥ったときには、惜しみなく援助を行なっていた。
また実業家となってからは渡米し、日本国のため米国からの外貨獲得に奔走した。
すなわち、彼は「死んだ金」の使い方はしなかっただけなのであるw

自身の資産は彼の資産には遠く及ばない。
しかしながら、「死んだ金」の使い方はしたくないという点では彼と同じだ。
寄付や義援金を求めてくる連中には、自身は金を出そうとは思わない。
これらは求められてするものではなく、自らの意思で行なうものだと考えているw

自身は寄付や義援金を求めてくる連中は好きじゃない。
自身は会社員として働き、相場で儲けたときは税金を納めている。
街頭で声高に寄付や義援金を求めてくる連中にいいたい。
寄付や義援金を求めてくるヒマがあったら、自らが率先して税金を納めろよとw

2017年7月26日水曜日

【コラム】株を買うだけじゃ資産は殖えないよw

株式投資は、資産運用の1つに過ぎない。
ところが多くの人は株の譲渡益、キャピタルゲインを多く得ようとする。
当たり前だが、相場には上昇するときもあれば下落するときもある。
上昇時や下落時に最適な運用をすることこそが重要なのであるw

具体的な運用方法は簡単だ。
上昇時には株の保有比率を高め、下落時には現金の保有比率を高めるだけである。
上昇時には資産を殖やすため、株の保有比率を高める。
下落時には資産を減らさないために、現金の保有比率を高めるのであるw

相場の状況を見ながら、株から現金、現金から株へとシフトする。
それこそが長期で資産を殖やすコツなのである。
現在、自身の資産は住宅ローン一括完済前の水準まで戻った。
一括完済前は株の保有比率が多かったが、今は現金の保有比率の方が多いw

以前から予告しているが、今年の相場の底は近い。
自身は相場の底が来たときに、過去最大の買いを入れる。
買いを入れるのは1銘柄で、過去最大の集中投資になる予定だ。
無限ナンピン用に購入額と同額の現金を残しておくことはいうまでもないw

2017年7月24日月曜日

【エッセイ】料理ブログではなく株ブログですw

今年の4月から、自身は大学生になる娘とタワマンに住んでいる。
タワマンはファミリータイプなので、2人には広すぎるほどである。
タワマンに引越してから、想定外のことが起こった。
想定外のこととは固定費、すなわち水道光熱費の大幅削減であるw

水道料金は数割減、ガスや電気代は約半分になった。
おそらくだが、家電を最新型に買い替えたことが理由だと考えている。
テレビに冷蔵庫は、全て省エネタイプである。
ちなみに洗濯機はドラム式の節水タイプであるw

あと高層階の角部屋なので、クーラーなしで過ごせることも大きい。
建築基準法にも規定されているが、風圧力は建物の高さに比例する。
つまり居住する階が高くなればなるほど、風の強さは増すのである。
日中も少し窓を開けるだけで、涼しい風を取り入れることができるw

備え付けのシステムキッチンは使い勝手がよく、料理をする効率もよくなっている。
最近、娘は自身の作る料理を完食することが多く、完食されると作る喜びが生まれる。
しかし、ふと思ったことがある。
本ブログは株ブログだ、料理ブログにならないようにしなくてはとw