2017年6月29日木曜日

現在の株式評価額20170629~いつの間にやら~

株式(特定預り)合計
・評価額合計:15,539,200円※タダ株
(参考:買値からの評価損益合計:6,299,600円)
・保有銘柄数:4

子どもファンド株式(特定預り)合計
・評価額合計:2,643,200円※タダ株
(参考:買値からの評価損益合計:641,200円)
・保有銘柄数:1

最近は配当金で生活費をまかなっている。
ふと見ると、保有するタダ株評価額の増減が激しい。
1日数十万円単位で増加、いつの間にやら年初の水準にまで回復していた。
ちなみに1年前と比較すると、評価損益額は600万円以上、増加していたw

2017年6月28日水曜日

【不定期連載】相場の世界へようこそ15

登場人物紹介
・福澤先輩、是川先輩:米国と中国に滞在、両国株の売りを推奨しているという噂w
・本多先輩:相場の世界で、初心者への講義を行っている講師
・野村先輩:相場の世界の、資料室管理人
・Y:相場師見習いであり、相場の世界の案内係でもある当ブログの管理人w

誰もいない部屋で、1台のPCの電源が入った。
PCが起動すると、勝手にキーボードが叩かれ、チャットが始まった。
------------------------------------------------
是川 「最近のYのブログは何だ、○HKがなんたらかんたらと意味不明だ」
本多 「最近は株の記事が少なすぎる、株日記になっておらん」
是川 「このままだと、今年も相場師見習いのままだな」
福澤 「本当にそうお思いかね、ご両人」

本多 「何を仰っている、福澤殿」
福澤 「相場師とは、相場を相手にする者」
是川 「そんなことはわかっておる、何がいいたい」
福澤 「つまり、合法的に相場を動かせてこそ真の相場師」

本多 「Yは合法的に相場を動かそうとしておるのか」
是川 「今のYは資金も少ない、そんなことできる訳がない」
福澤 「Yは違法行為を掴んだようだ、なら違法を合法にすることを考えたはずだ」
是川 「仮に合法にできたとしても、資金のないYがどうやって相場を動かすのか」

福澤 「確かにムリかもしれん、だが、もしYが合法的に相場を動かせたらどうなる」
是川 「Yにそのような知恵があるとは思えん」
本多 「いかん、Yが来たようです、先に落ちます」
福澤・是川 「了解した」
------------------------------------------------

暗い部屋で、誰かPCの電源切り忘れたのかなと思ったら、本多先輩ですか。
んっ、何だこのチャット・・・違法を合法・・・。
さすがですね、すっかりお見通しだ。
「合法的に相場を動かす」、相場師の最終試験に合格するよう頑張りますねw

2017年6月27日火曜日

【コラム】一流のメガバンク、三流のメガバンク

自身は3大メガバンクの株主である。
保有している株数は少ないが、議決権を持つ株主である。
自身が最初にメガバンクの株主になってから、10年近くになる。
自身は、10年近くメガバンクの動向をことあるごとに注視してきたw

メガバンクの順位は、10年前から変わっていない。
三菱東○UFJ>三○住友>みず○である。
なぜ、この順位は変わらないのか。
これら順位は、顧客へのサービスの違いで生まれたと考えているw

顧客へのサービスとは、利便性や金利優遇に手数料無料などである。
では、どうしたら顧客へのサービスを充実できるか。
答えは、個人情報をどれだけ有効活用できるかだと考えている。
すなわち、個人情報を有効活用できるメガバンクこそが一流なのであるw

今回、三○住友は若年層を除く顧客へのサービス改悪を決めた。
株主であろうがあるまいが関係なしに、一律に適用されるようだ。
個人情報を有効活用できていないから、このような愚かな振る舞いをするのである。
予定通りにサービスを改悪するのであれば、タダ株を叩き売ってやるつもりだw

2017年6月26日月曜日

【コラム】株式ギャンブル論とAI

先日、ある方がオススメする本を読んだ。
オススメされたのは、会社員の生き方に関する本。
ある程度の年齢に達したら、仕事以外のことを大切にしなさいという内容である。
この手の本は内容が薄い、よって立ち読みで読破したのはいうまでもないw

基本の主張、仕事以外のことを大切にしなさいは理解できるし、異論はない。
だが、株はFXと同じギャンブルなので働くことが大事という主張があった。
しかも、機関投資家や外国人投資家に、素人はカモにされるだけだと述べていた。
立ち読みしていて、声に出して笑いそうになったが、ガマンしたw

株の基本は「安く買って、高く売る」だ。
言い換えれば「高いときには買わず、安いときに買う」だけなのである。
ちなみに、最近は自ら売買するトレーダーが少なくなったらしい。
証券会社では、ほとんどがAI(人工知能)を使ったトレードらしいw

AIが株価を予測し、予測が外れたら自動的に損失を確定する。
わずかな利ざやを稼ぐために、休むことなくシステムを走らせている。
株は、本来の株価(BPS)より高いときには買わず、安いときに買う。
買わないという選択肢がない彼らは、自身からすると実に哀れな存在であるw

2017年6月21日水曜日

【コラム】○HKだと名乗る男性の違法行為について

先日、自宅にいると○HKだと名乗る男性がやってきた。
○HKだと名乗る男性は、放送法第64条により、自身に契約を求めた。
「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、
協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」w

これだけなら問題はないが、その後の男性の行為が違法行為になる。
郵送での契約を希望する自身に対し、男性は郵送での契約はできないといった。
この時点でアウト、すなわち違法である。
なぜなら「個人情報保護に関する法律」違反だからであるw

同法第17条は、個人情報の適正な取得について定めている。
「個人情報取扱事業者は、偽りその他不正の手段により
個人情報を取得してはならない」である。
つまり、男性の説明に偽りがあったため、違法行為となるのであるw

では、同法第17条に違反するとどうなるか。
違反した場合については、同法第34条1項に規定されている。
「主務大臣は(中略)当該違反行為の中止その他違反を是正するために
必要な措置をとるべき旨を勧告することができる」のであるw

同法第17条に違反する行為があった場合、主務大臣に報告しなくてはならない。
直接的な被害を被っていない場合、○HKだと名乗る男性を訴えてはいけない。
ましてや、○HKを訴えてもいけない
放送事業の主務大臣がいる総○省に報告するのが、正解なのであるw

ちなみに、○HKだと名乗る男性は帰る際に「弁護士に連絡する」といった。
男性は次回、来るといった日に来なかった。
男性が連絡するといった弁護士からの連絡もない。
おかけで、自身は○HK受信料を払いたくても払えずにいるw

2017年6月19日月曜日

【エッセイ】2回目の株主提案に思う

自身が今までに行なった株主提案は1回。
提案したのは、8306 ㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ。
提案内容は、グループ会社の業務改善を要求した内容だった。
提案後のスピーディーな対応に、さすが8306だと感心した記憶があるw

今回、2回目となる株主提案を行なった。
提案したのは、20,000株を保有する8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ。
提案内容は、違法行為を行なっている会社との取引状況調査。
取引を行なっていた場合の取引見直しであるw

今回の提案に、8411がどのように対応するかはわからない。
わずか20,000株しか保有していない株主の提案は放置されるかもしれない。
自身が保有する20,000株はタダ株で、株価が変動しても痛くもかゆくもない。
だが、今回の提案を放置するのであれば、叩き売ってやるつもりだw

2017年6月18日日曜日

【エッセイ】ブラック企業へ勤めている君へ

先日、○HKだと名乗り、やって来た君へ。
わるいことはいわない。
今すぐ、他の会社へ転職しなさい。
なぜなら、君の勤めている会社はブラック企業だからだw

君の勤めている会社について、調べさせてもらった。
すると、君の勤めている会社がブラック企業だということがわかった。
ブラック企業といっても、労働条件が劣悪などのブラックではない。
違法行為を行なっている真のブラック企業だw

自身は君の勤めている会社から損害を被ってはいないので、訴訟提起はしない。
だが、自身が株主である8411 ㈱みずほフィナンシャルグループが取引をしている。
もちろん、取引しているのは本店ではなく、君の勤めている会社の本社近くの支店だ。
違法行為を知ってしまった以上、株主としては取引見直しを提案しなくてはならないw

8411の経営陣が、自身の提案に対して、どう判断するかはわからない。
ひょっとしたら、何事もなく取引は続くかもしれない。
だが考えてみて欲しい、今日は父の日だ。
君は君の父親に、君の勤めている会社がよい会社だと胸を張っていえるだろうかw

2017年6月17日土曜日

【エッセイ】○HKの受信料を払いたくても払えない話

自身は税金や公共料金など払うべき物は払ってきた。
脱税や滞納、不払いはしないと決めている。
先日、自宅にいると○HKだと名乗る男性がやってきた。
受信料を払いたかったので、男性に会ったw

放送受信契約書を渡されたので、内容確認して郵送すると告げた。
ところが男性いわく、郵送での契約はできないという。
しかも、このやり取りは録音されているという。
仕方ないので、後日、男性に取りにきてもらうことにしたw

男性が帰ってから、男性の説明内容等をネットで確認した。
いくつか疑問点があったので、まだ近くにいた男性を呼び止めた。
自身の聞き間違いがあってはいけないので、録音すると告げ、何点か問いただした。
問いただしていると、男性はなぜか弁護士に連絡するといい帰って行ったw

あらためて調べると、郵送でも契約できるようである。
だが自身は、なぜ男性が郵送での契約はできないといったのか知りたい。
その日以来、男性は姿を見せない。
そのため、自身は受信料を払いたくても払えない状態に陥っているw

2017年6月12日月曜日

【エッセイ】相場師の定義とは

自身は3年前の2014年に、相場師になると決めた。
自身は2005年に住宅ローンを一括完済すべく、株式投資を始めた。
2014年に住宅ローンの一括完済をして、自身には目標がなくなった。
これから、どうしようかと考えたとき、相場師になると決めたのであるw

個人が株式投資をする場合、様々な呼び名がある。
多いのは、「個人投資家」や「トレーダー」などである。
「相場師」を自称する人は少ない。
おそらくだが、相場師イコールギャンブラーというイメージがあるのだろうw

では、真の「相場師」とは何か。
自身は目先の利益にとらわれず、相場を相手にする者が「相場師」だと考えている。
事実、相場師になるまでの自身は、保有株の株価が騰がれば喜んでいた。
だが、相場師になってからは、保有株の株価が下がっても喜ぶようになったw

自身は信用取引はしないので、売りはしない。
では、なぜ株価が下がれば喜ぶようになったのか。
答えは簡単で、株を底値で仕込めるからに他ならない。
相場師になれば、どのような相場でも楽しむことができるのであるw

2017年6月11日日曜日

【エッセイ】だらしない体型の人を見て思うこと

自身はここ数年、毎年、人間ドックを受診している。
会社の補助があるため、月々にすれば1,000円ほどの負担額である。
月々1,000円で早期発見できるのであれば、安い物だと考えている。
人間ドックにはメタボ診断があるが、毎年、メタボについては問題なしであるw

以前は健康診断の項目に、メタボ診断はなかったと思う。
ところが昨今は、メタボ診断が必須になっているようである。
確かに休日にカジュアルな服を着た男性を見ると、だらしない体型の人が多い。
どのような食生活をすれば、そのような体型になるんだと思ってしまうw

自身の回りにいるだらしない体型の男の人には特徴がある。
会社へ弁当を持参せず、毎日、外食している。
休みの日も家族と外出、ファミレスなどで外食する機会が多いようである。
そのような食生活を送れば、過剰な脂肪が溜まって当たり前であるw

弁当を作ったり、自炊すればわかるが、外食のカロリーは恐ろしく高い。
しかも、食材に加え場所代や人件費が加算されるため、極めて割高である。
自身は基本、会社には弁当持参で、自炊している。
なぜなら、自分で作った食事が一番だと思っているからだw


2017年6月10日土曜日

【エッセイ】休むも相場と業務連絡

自身は現在、ノーポジ、いわゆるタダ株しか保有していない状態だ。
昨年末に数年ぶりとなる元本引上げの売りを行った。
今年になってから、一度も株を購入してはいない。
言い換えるなら、「休むも相場」を継続中であるw

現在のような高値圏になると、いろんな連中が現れる。
「必ず勝てる銘柄の見分け方教えます」などといった連中である。
彼らにも生活がかかっているのだろうが、彼らから学ぶことは何もない。
なぜなら、彼らは投資手法を持ち合わせていないからだw

彼らが、必ず勝てる銘柄の見分け方を知っていたとしよう。
なら、なぜ人に教えて金を取るのか。
人に教えなくても、自分たちでその銘柄を売買していればよいだけの話である。
儲け話を持ちかけてくる連中は、持ちかける人から儲けようとしているのであるw

本ブログでは、銘柄推奨などはしない。
売買については事前告知した後、実際に売買する。
以前からお伝えしているが、自身には相場が見える。
自身は数ヶ月先に来る相場の底を待ち侘びているのであるw

株銀さんへ、業務連絡です。
相場へのお帰りをお待ち申し上げております。

2017年6月7日水曜日

【エッセイ】資産が大きく増える時期に思うこと

東京都住宅供給公社の管理する住宅にお住まいの方はご存知だろう。
毎月7日は、家賃の口座引落し日になっている。
自身は4月から2ヶ月フリーレント、すなわち家賃がタダだった。
よって、今月が初の満額引落し日だったw

自身は口座の残高に大きな増減があると、記録するようにしている。
帰宅してから確認すると、資産は減るどころか増えていた。
1つは保有するタダ株が全て上昇したことによる評価益の増加。
1つは保有するタダ株、8411 ㈱みずほフィナンシャルグループ20,000株の配当であるw

保有するタダ株の配当が届くたびに思うことがある。
資本主義社会で株主は頂点に位置していると。
経営不振の中小企業などでは、給与の遅れなどがあると聞く。
ところが大手優良企業の株主であれば、決まった時期に配当が送られてくるw

毎年、この時期と年末は、自身にとって資産が大きく増える時期だ。
なぜなら保有株の配当により、日々の生活費が賄えるからである
自身は毎週ATMから3万円を引き出して、食費等の生活費にしている。
だが配当月はATMに行く必要がなくなるため、真の1週間0円生活になるのであるw

2017年6月4日日曜日

【エッセイ】なぜ所有するマンションを大手企業に貸すことができたのか

自身が所有するマンションを3月に全面リフォームした。
法人限定で入居者を募集したところ、募集して数日で入居者が決まった。
現在、指定した口座に、ある大手企業から毎月、家賃が振り込まれる。
年間にすると、約100万円の家賃収入になるw

自身が募集してから、別の住戸も入居者募集を始めた。
敷金や礼金および家賃は、自身より安い条件での募集だった。
先日、さすがに決まっただろうと不動産サイトを見た。
驚くことに、まだ入居者が決まっていないようで募集中だったw

なぜ自身はスムーズに入居者が決まり、別の住戸は決まらなかったのか。
自身がスムーズに決まったのは、投資ではなく遊びだったからだと思っている。
自身が決めたのは、スケジュールとリフォームの工事内容だけである。
クロスの品番や家賃設定などは、リフォーム会社や不動産会社にお任せだったw

自身の目的は、いくらの収益を得るかではなく、法人に貸すことだったのである。
その結果、年間約100万円の家賃収入を得ることになっただけに過ぎない。
別の住戸の家主が、どのような目的で入居者を募集しているのかは知らない。
もし自身が別の住戸の家主なら、トイレくらいはリフォームしただろうと思うw

2017年6月3日土曜日

【コラム】個人投資家への警告

個人投資家へ以下の警告を発する。
今の相場で決して買ってはいけない。
なぜなら、相場が高値圏にあるからだ。
今はいくら欲しい株があっても、手を出してはいけないw

偉大なる相場師の1人に、ベンジャミン・グレアム氏がいる。
彼こそはバリュー投資の発案者で、ウォーレン・バフェット氏の師でもある。
彼の教えはシンプルで「本来の株価より、大幅に下がっているときに買いなさい」だ。
買う基準として、彼は株価が本来の株価(BPS)の3割以下になったときだとしているw

はっきりいって、株価がBPSの3割以下になる局面は10年に1度あるかないかだ。
だが3割とはいかなくても、5割以下になることは往々にしてある。
ところが今の相場は株価が騰がり、株価はBPSの5割以下どころではない。
明らかな高値圏であり、もし買えば高値掴みになる可能性が極めて高いw

株の基本は「安く買って、高く売る」だ。
当たり前だが、相場が上昇しているときは、安く買おうとしている人が多い。
言い換えれば、今の相場は「欲望」が動かしている相場ともいえる。
つまり、今は「欲望」に屈することのない精神を試されている相場なのであるw